FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATのテスト

5月にSATのテストがあります。


_1058061_testclass300.jpg


このテスト、イギリスの小学生(イヤー6)の子どもたちが

受けるテストです。

小学校最後の(最初で最後の)総まとめテストと言っても良いのではないでしょうか。


このテストの結果は報告され

ネットで公開され

学校の評価に大きく関わります


最近 このSATテストをボイコットする学校もあって

イギリス全土のテストでは、なくなってきています


けれど、子どもの学校では、

今年もテストが行われるようです



なにしろ


イギリスの子供たちは、テスト慣れしていないので

こういうちょっと緊張するような事は

良いのではないかと思います。(私は・・)

それに、経験として子どもの為にもなると思います

将来 試験で振り分けられることもあるでしょうからね・・



けれど、幾人かのイギリスの親たちは

子どもにストレスを与えるから

反対だという人もいます。






最近 子どもの宿題がやけに多いなと

思ったのは、このテストのせいでした



今まで、イヤー3からイヤー6の冬休みまで

1週間に1度

1枚のプリントを持ち帰り

それを翌週の水曜日までに

提出するといった

とっても子どもにとっては天国な学校でした



私は、こんなので

本当に大丈夫なんだろうかと

4年間 ずっとー心配し、不安を感じてました。



そして、テスト直前になって

急に宿題が増え始め

SATテスト用のクラス替えまで行われました。

過去4年間の復習を3ヶ月でするつもりなのかい??


「おいおい・・遅すぎるでしょう・・」


「毎日毎日 宿題を出しておけば

こんなことにならなくて済むでしょう・・」


日本人の親ならば、みんな思うに違いありません


まさに、アリとキリギリスです。


antgrasshopper.jpg


私も、今日 SATの問題集を買ってきて

子どもの前に置きました。。

「これ・・・・・・・」


「分かっているよね・・・」


「復習のつもりで頑張ろう」


「。。。。。。。。」


ある人は、学校の評価につながるから

SATの結果は、学校には大切だけれど

子どもにはそんな関係ないよ。。と言う人もいます


でもね


以前 子どもの成績の事で

校長先生と話したとき

校長先生に、コンピューターに記録された

子どもの成績のデーターを見せられたとき

びっくりしたのです。


(すごい、こんなに記録してあるのだと・・・)


成績の伸び率までしっかりグラフになってました。。


これは、学校関係者しかみられないようです


でも、将来 進学した先の学校の先生は、このデーターを

見ることが出来るそうなので


やっぱり、そこそこの成績をとっておいたほうが

よさそうです。。。




さて、一番上の写真は、BBCニュースの記事の写真です

書かれたのは2000年ですが、

この記事を見ると

SATテストが、どの様に学校に影響を及ぼすか

わかると思います

  ↓

http://news.bbc.co.uk/1/hi/education/1058061.stm









テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。