FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業料値上げ反対のデモ

ニュースで、ロンドンで学生によるデモがあった

イギリスで24日、教育関連予算の削減に反対する学生らによる大規模なデモが再び行われた。今回も一部が暴徒化して逮捕者が出たほか、学生と警官双方に骨を折るなどのケガ人が出た。

 デモは10日に続いて2度目で、今回は計15以上の都市で同時に行われた。ロンドンでは数千人の学生が、国会や首相官邸などのある官庁街に押し寄せた。

 前回は与党の本部に突入されるという失態を演じた警察当局だが、今回は学生が移動できないよう動きを封じ込める対策を取った。

 大胆な財政赤字削減策を推し進める中で爆発した若者の怒り。キャメロン政権にとって、文字通り、痛みを伴う試練はしばらく続くことになりそうだ。


学生が怒るのも無理はない

イギリスの大学生の多くは、学費を自分で払う人が多い

今の首相 デイビット キャメロンが、学生の頃のイギリスは

大学に入る時に、リーズナブルな学費と共に

入学時に約1万ポンド(当時日本円で200万円くらい)の

援助金を与えられるくらい学生にとっては

ありがたい環境だった

なのに、今の大学生にとって

3倍も学費があがってしまうのは、どう見ても

不公平だというのだ



そんな事を言ってみても

キャメロン首相は、

株のブローカーを父にもち、エリザベス女王とは遠縁で
インディペントスクールにゆき、名門イートンカレッジで学び
オックスフォード大学で学んだ

http://en.wikipedia.org/wiki/David_Cameron


経歴から見ても、お金に困ったことがないのは
よくわかるし

貧乏学生の気持ちなんて、わかっていないのかもしれない

やはり、保守党に政権をまかせてしまったのは

間違いだったのかな?と

思う今日この頃でした。

しかしながら、キャメロン首相のバックグラウンドを

読んでみると、ただ学歴が優秀だけではなく

いろいろと裏が、絡んでいるのがよくわかる











テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。