スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人種のるつぼ

留学斡旋をする会社の知人に

昔 聞いた話では、

時々、日本の留学生が、

イギリスで、「なるべく日本人が、いない場所で

英語を勉強したい」と

願って、渡英するそうです



けれど、在英邦人数 59,431人 外務省「海外在留邦人数調査統計(平成22年速報版)

これは、ロンドンの領事館に登録している人だけであって

登録してない人をいれたら、その倍くらいになるのでは

ないでしょうか?


イギリスで、どこへいっても、大抵1,2人は

日本人がいるんじゃないかと

思うのですが・・


そこで、調べてみました

日本人の分布図(笑)は、わかりませんでしたが

イギリスにいる民族の多様性リストを・・それは

白人、南アジア人(中東、インド系)、黒人、そして中国人(日本人も含む)

に分けられていました。

この分け方、良いのか悪いのかわからないけれどね


それで、イギリスで一番エスニックの人が多い場所は

ロンドンのニューハム地区(London Borough of Newham)だそうです。


32.6% White British (イギリス白人)
1.1% White Irish (アイルランド系白人)
5.4% Other White  (その他の白人)
1.2% White & Black Caribbean (白人とカリビアン系の黒人のハーフ)
0.8% White & Black African (白人とアフリカ系黒人のハーフ)
0.8% White & Asian (白人とアジア人のハーフ)
0.9% Other Mixed  (その他のハーフ)
12.1% Indian     (インド系)
8.7% Pakistani    (パキスタン系)
9.0% Bangladeshi   (バングラディッシュ系)
12.7% Other Asian   (その他のアジア人)
6.7% Black Caribbean (カリビアン系黒人)
12.7% Black African  (アフリカ系黒人)
1.1% Other Black    (その他の黒人)
1.4% Chinese      (中国系)
2.4% Other       (その他)


白人のイギリス人は32パーセントしかいません

人種のるつぼですよね。。


それでは、逆に、イギリスの白人ばかりの地域は?


99.6パーセント イギリスの白人の場所が4つ

ありました。

エデン Eden (カンブリア地方Eden)と
シリー諸島 (Isles of Scilly
バーウィック アポントウィード(北東イングランド地方Berwick-upon-Tweed)と、
アルンウイック(Alnwick

       


けれど、ロンドンやマンチェスター、リーズ、バーミンガムなどの

大都市以外は、どこも、大体 人口の90パーセント以上が

イギリス白人の地域だともいいます。



















テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。