スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円ショップと1パウンドショップ

日本に帰って、イギリスに何か持って帰るものはないかとショッピングしました。

今まで、見くびっていたかもしれないのが100円ショップで、俗にいう「ヒャクキン」です。

物を買うときに、常に日本円とポンドで加算する癖がついている私は、

100円=50ペンスだよなぁと思いました

A5C9A5E9A5C3A5AFA5A4A5ECA5D6A5F3C5B9C6E2.jpg


今まで、百円ショップで買い物するものは、決まっていました。

こどもの「落書きちょう」などの文具類・・ファイルなどは安くても悪くないと思ってました

そのほかの品物は、勝手な思い込みで、すぐ壊れそうとか、食品などは本当に大丈夫なのか

と半信半疑だったわけで、おのずと買わないでいたのですが

今回は、50ペンスならいいか・・と思っていくつか買ってみました。

お皿を戸棚の余った空間に収納できる区切りとか・・ピザのスライスをするナイフとか

とりあえず、駄目ならそれでいいやぁ・・・なんて思って購入しました

でも・・・・全部、ちゃんと機能できて・・びっくり・・・「悪くないじゃん!」これが

わたしの感想です。

イギリスにもパウンドショップがあります。1ポンドで売るのですが・・

たいていの店は、並べ方も悪く、いかにも1ポンドのものなのです

なんだろう・・・もうすこし綺麗に並べる工夫とかすれば、よいのに

1ポンドショップをのぞくと、なぜか悲しさの空気が漂っている気がしてならないのです

1ポンドショップは、どちらかというと労働者階級の町に多いし、最近は、
潰れている店が多い気もします。

1217916532_6a97c1de94.jpg


お店は、入って気持ちよい雰囲気をある程度作らなければ、いけないと思います

さて・・・先日、ハリファクスの街へ行きました

金曜日なので、夕方5時ごろからローラーブレーディングへ息子を連れていったのです

早くついてしまったので、ハリファクスの街をぶらぶらしました

パウンドショップがあって、ただ、入って見てみました

なんだか・・いかにも・・・売れ残りの処分品が山済みされて半額以下で

売られているかんじでした

欲しいものなどないなぁ・・・これが店に入った時の印象でしたけれど

時間をつぶすために、ぐるっと一回りしました

すると、バービー人形のような箱が、積み上げられていて、ちょっと中身をみてみました

びっくり・・・それは、あの日本の歌手「パフィーPUFFY」のふたりの人形だったのです。

アミちゃん人形とユミちゃん人形が、それぞれ箱に入って売られていました。

着替えの洋服や、小物まで入っていて・・おまけにボタンを押すと日本語と英語を話します

p3-Puffy.jpg

思わず・・「おォ・・・・」と思いましたが、4ポンドで売られた彼女たちの人形をちょっと寂しい
気持ちになりました

多分、アメリカで多少人気あっても、イギリスじゃ・・わけのわからないキャラクターで
売れ残ってしまったのだと思います

何度か、ボタンを押して、日本語で話す人形を片手に、不思議な気持ちになりました・・・。






テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。