スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンブリア地方ヘ バローイン ファネスへの旅 その1 歴史編

昨日から一泊二日 カンブリア地方へ行って来た


バロー・インファネス(Barrow-in-Furness)という町です。

BarrowInFurness.jpg

西にアイルランドがある海沿いの町です
昔から、造船業で栄えました。主に、戦艦や潜水艦などを作っています。
もちろん、昔ほどではないけれど、今でも大きな工場があり、製造を行ってます

Barrow_tcm31-37290.gif


こういう、島(ウォルニーアイランド)が、海岸線のぴったりくっついている地形なので
造船業に適していたのでしょう・・

町の中心部です。

barrow-street-600.jpg


barrow-restaurant-600.jpg



これは、ドックのある 船のレストランです

Lancashire, Barrow in Furness, Docks


昔はこんな感じでした。

LNWR_Anglia_1920-01.jpg

Lancashire, Barrow in  Furness, Dalton Street 1910s


戦争中は、ロンドンの次に狙われたそうです。
まぁ 戦艦をつくっているんですものね

この小さな町のはずれに、「MIKASA」ストリートという道が、あります
町の人は、マイカサストリートと呼んでいます。
なぜここに、この名前があるかというと・・
その昔、日本の戦艦「三笠」をこの街で作り、その記念にこの名前がつけられました

Mikasa.jpg



これが、戦艦三笠です。


詳しくは・・こちらで・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

三笠は六・六艦隊の最終艦であり、イギリスのヴィッカース社に発注された。
1899年1月24日バロー・イン・ファーネス造船所で起工。
1900年11月8日進水。1902年1月15日から20日まで公試が行われ、
3月1日サウサンプトンで日本海軍への引渡し式が行われた。

建造費用は船体が88万ポンド、兵器が32万ポンドであった。

3月13日、イギリス、プリマスを出港しスエズ運河を経由して5月18日横須賀に到着した。
初代艦長は早崎源吾大佐。横須賀で整備後6月23日に出港し、
7月17日本籍港である舞鶴に到着した。


ビクトリア時代(日本では明治時代)にイギリスと日本でこういった・・貿易が行われて
いたんですね・・

この戦艦三笠は、今でも、横須賀市の三笠公園で見ることが出来るそうです

わたしも・・見に行きたくなりました・・・・
今度帰国したら・・行ってみよう!

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。