スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのクリスマス

日本のクリスマスとは違うイギリスのクリスマス
その違いも、長くイギリスに住んでるとぼやけてくるのだが・・・

24日ごろ家族が集まって、24日に子供は1個だけプレゼントを
開くことが出来る。
25日の朝、パジャマなんか来たままで、午前中にクリスマスツリー
のまわりに、山積みになってるプレゼントをあけるのである

すごい時間かかるのです。・・・・・・・。

プレゼントを包んだ紙をビリビリやぶり、ひとつ、ひとつ見ていく
その包んでいたラッピングペーパーはゴミ袋いっぱいになる。

その後は、クリスマスディナーの時間。
七面鳥やポークやお肉類のローストディナーが主です。ss_christmaspudding.jpg

テレビで毎年、恒例のエリザベス女王のスピーチを聞く
飲んで食べて・・・日本のお正月みたいですね

クリスマスケーキは、各国違うらしい。
イギリスは、クリスマス・プディングといって、ドライフルーツを混ぜ
長い間熟成したもの。そこにブランデークリームをかけて
食べる。結構 おいしいです。

生パン粉と小麦粉、牛脂(ケンネ脂、もしくはバター)、
卵、砂糖、ブランデーなどにつけて柔らかくしたドライフルーツ、クルミなどのナッツ類、
香辛料(ナツメグ、シナモン、クローブなど)、ブランデーやラム酒などの材料を
混ぜ合わせて一晩寝かせ、型に流し込んで蒸す。
蒸しあがったものは数日から数ヶ月熟成させられる。
この熟成期間が長いほどおいしいという俗信もあり、
「クリスマスプディングを食べ終わったらすぐに、
来年のクリスマスプディングを作り始める。」といわれるほどである。
食べる前に再度蒸し、切り分けて、ホイップクリームやカスタードクリーム、
もしくはブランデーバターソースを添えて供する。食卓上でブランデーをかけ、
部屋の明かりを消して火をつけるといった演出が行われることもある。


あとは、ミンツパイがクリスマスのデザートかな。。。
私は、あまり好きでないのだが。

もうひとつ、食事の前にクリスマス・クラッカーを引っ張るのは
日本にない風習です。
↓↓↓
332759837_9be227d2e0.jpg


これ楽しくて、面白いですよ。詳細はここに書いてあったので見て下さい
http://www.eikokutabi.com/ukwhatson/uk_guide/features/christmas/cracker.htm




テーマ : 海外の小学生
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。