スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブデンも放射能・・・・・・orz

今日 子どもが、学校から

スクールレターを持って帰ってきた

読んでみるとビックリ!!!


タイトルは「ヘブデンのレジデントへの至急のお知らせ」

というのも・・

6月11日から6月29日の期間に

「emitting electro magnetic microwave radiation」(電磁波)

の元になる物体が、ヘブデンを襲うというのだ。。


「radiation」(放射線)と書いてあったから、すごくビックリした。

まさか・・イギリスも原発問題が始まったか?と思ってしまったじゃないか!



それは、ネットワークレールという鉄道をひく会社が

20メートルもある鉄道のコミュニケーションシステムを司る電柱を

建てるという・・・

それも、子どもの小学校から150mしか離れていない場所だという


最低でも500mは、離れていないとまずいらしい・・



我が家も範囲内だと思うんですけれど・・・



これが、その会社だ・・

Network_Rail 
   ⇊
http://en.wikipedia.org/wiki/Network_Rail


そんなものが、建ったら、健康に良いはずがない

よく、高圧線の下で長く暮らすと、白血病になったりするとか

聞くし・・・。。


そして、問題なのは、住民の許可なしで、この工事をしようとしている

会社だ。。


それで、みんなで反対しようという手紙だったのです




スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

文化の違いをインタビューされる

今日は、11時に子どもの学校へ行って、

イヤー5の担当の先生と待ち合わせした

そして、カフェに行って

日本の文化について質問を受けた


去年も息子がイヤー5だった時

同じように、カリキュラムで2つの国を選び

そのふたつの国の違いを比べる授業が行われた


今年も、「日本」が選ばれた。

もちろん、生の日本人が近くにいるから選びやすかったかもしれないが

「日本」という国は

ヨーロッパの国から見ると、「エキセントリック」で「ちょっとミステリアス」で

「面白い事が次々におこる国で」「歴史もあり」「しかしすごく近代化もあって」

「家電などは最先端」「天皇もいて」

もう 比較に使うには、もってこいの国なのだそうだ


その先生は、ハーフポーランド人ハーフイギリス人なので

ポーランドと日本を選んで授業をすることにしたそうだ


カフェに着くと、分厚い本を広げて

日本の文化を書いたページを広げ

「まず、ここを読んでみて、これが本当かどうか、答えてくれる?」

しばらく読んでいると、資料は2000年のものだった

小渕さんが総理大臣だった頃の話らしい

書いてある内容は、大体あっていた。

それを元に、次々に質問をされた

生活、日本の平均家族構成、宗教、学校生活、結婚観、離婚について

学校の風紀や秩序、挨拶の違い、食事の習慣、ETC・・・

2時間もかけて、話し合った

私も逆に勉強になった。


話の途中 彼女のお父さんの話も出た

彼女のお父さんは、戦争に行って捕虜になり、ひどい拷問をうけて

逃げてイギリスのこの地へ来た

そこで、イギリス人のお母さんと知り合い結婚した

彼は、トッドモーデン(家の隣村)の丘の上に土地を買い

暮らしてたそうだ。あまり幸せそうでなかったそうだ

いつも機嫌が悪く、村人ともトラブルを起こしたりするタイプだったそうだ

そんな父親をあまり好きになれなかったと彼女は言っていた

私は、彼女にこう言った

「外国に住むって、けっこう大変なんだよ。お父さん 沢山のストレスを

感じてたのではなかったのかしら?」

彼女は、うなづいた

「そうね、そうだったと思うわ。本当ならば、ポーランドに帰りたかったに違いないわ

仲が良かった友達がふたりいたけれど、そのふたりともポーランド人だったわ

その人にしか、心が許せなかったんだと思う」










テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

外で遊ぼう

本当に良い天気が続くイギリス

子どもと、その友達を連れて

公園へいく


いつもサッカーをしている人たちがいて

そこに加わり遊ぶ子供たち


イギリスには、年功序列はない

だれでも、仲良く慣れる

100_2271.jpg


50歳くらいのおじさんも、高校生も、中学生も、小学生も

そして小さな子どもも

そこへ加わり

ボールを追いかける



それを、見ながらコーヒーを飲んでいた


青空が眩しい

美しい

本当に美しい


そして、この歌が、浮かんで、口づさんでいました


100_2270.jpg


この動画の後、「ブラックバード」が流れるけれど・・

私は、この歌の後には、「グラスオニオン」が頭の中で流れるのだ

アルバムの順番道理にね





Dear Prudence The Beatles



Dear Prudence, won't you come out to play
Dear Prudence, greet the brand new day
The sun is up, the sky is blue
It's beautiful and so are you
Dear Prudence won't you come out to play

Dear Prudence open up your eyes
Dear Prudence see the sunny skies
The wind is low the birds will sing
That you are part of everything
Dear Prudence won't you open up your eyes?

Look around round round
Look around round round
Oh look around

Dear Prudence let me see you smile
Dear Prudence like a little child
The clouds will be a daisy chain
So let me see you smile again
Dear Prudence won't you let me see you smile?

Dear Prudence, won't you come out to play
Dear Prudence, greet the brand new day
The sun is up, the sky is blue
It's beautiful and so are you
Dear Prudence won't you come out to play



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

テレパシーは絶対にある。。

私は、絶対にテレパシーというものが、あると思っています

そう言い切れるのも、最近そう確信したから。。


前から、本当によく(99%の確率で)

親しい友人などに

「あなたの事 考えていると必ず電話がかかってくる」

「今 〇〇ちゃんの事 考えてたんだよ」

 「今 あなたのこと 話してたところよ」

又 逆もある 

私が、考えると相手から連絡があることも多い


私の古くからの親友と呼べる人は、みんな遠くで生活している

そして、そのほとんどが、普段はそんなに連絡を取っていない

だから、そういう状態なのに、こういう現象がおきるのは、凄いと思ってしまうのだ

毎日 彼らの事を考えているわけでない

でも、重要なときに、必要なときに

頭に浮かぶ・・・何の前触れもなく




そして、同時に同じことを考えている確率も

かなり多い事があって驚く

共時性(シンクロニシティ・Synchronicity)もあると思っている

まったく別な場所で起きた同時性・・・



そういう事が多く起こっても、でも証拠といものがないから

言葉で説明つかなかったから・・

それを今まで、言えなかったけれど・・





With one breath, with one flow
You will know
Synchronicity

A sleep trance, a dream dance
A shared romance
Synchronicity

A connecting principle
Linked to the invisible
Almost imperceptible
Something inexpressible
Science insusceptible
Logic so inflexible
Causally connectible
Yet nothing is invincible

If we share this nightmare
Then we can dream
Spiritus mundi

If you act, as you think
The missing link
Synchronicity

We know you, they know me
Extrasensory
Synchronicity

A star fall, a phone call
It joins all
Synchronicity

It's so deep, it's so wide
Your inside
Synchronicity

Effect without a cause
Sub-atomic laws, scientific pause
Synchronicity......



ひと息で ひとつの流れで
君は 理解するだろう
シンクロニシティ

昏睡状態 夢のダンス
共有されたロマンス
シンクロニシティ

原則への接続
見えないものへのリンク
ほとんど ごくわずかな
何か 言い表せないもの
科学が 受け付けないもの
曲げられない ロジック
因果関係の 接続
それでも未だ 何ものも 揺るぎない

もしも 僕達が この悪夢を共有するなら
僕達は 夢を見る事が出来る
スピリタス・マンディ

あなたが考えた末に行動を起こすなら
ミッシング・リンク
シンクロニシティ

僕達はあなたを知っている 彼らは僕を知っている
霊感的な
シンクロニシティ

星が落ちる 電話が鳴る
全てが繋がる
シンクロニシティ

とても深く とても広い
あなたの中の
シンクロニシティ

理由のない法の施行
サブ原子力法 科学的歯止め
シンクロニシティ












イースターホリデーも終わりだ。。

今日は、イースターホリデーの最終日

ホリデーと言っても

たいしたこと出来なかったけれど・・

自分の仕事や雑用が多くて

子どもをかまってあげなかったので・・

なんだか悪い気がしてきて・・

今日は、重い腰をあげて

チェリーブロッサムピクニックに行って来ました

ハロゲートという街に住む、日本人のコミュニティーが主催して

震災の募金を集めることを目的で企画なさったようです


補習校のお友だちや父兄の皆さんも沢山集まって

とても楽しかったです

初めて会った人も多かったです

100_2252.jpg


ハロゲートのボランティアの方たちが作って

売っていたカレーライス、鳥の空揚げ、お寿司など・・・

美味しかったです



100_2258.jpg


100_2260.jpg



イギリスは、本当にずっーと天気が良くて

今年は、イギリスの多くの人々が

楽しいホリデーを送れたのではないでしょうか・・



1年で一番良い季節が始まっています






テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

ロイヤルウェディング  

ロイヤルウェディングが終わりました

hggdesetst.jpg


本当は、ロンドンに行って、とりあえず歴史的な場面を

子どもと一緒に観たかったのですが

子どもは、男の子

あんまり 乗る気ではなくて

ずっと待つことが、なにより嫌いな人なので

ロンドンに行くことは断念しました

ロイヤルウェディングより、オリンピック2012の方が興味あるそうです



それに、私も群衆の中に入るのは、やっぱり・・・不安



家でテレビ中継を見るのが、一番でしたね

yhgt6e74e.jpg



思えば・・・チャールズとダイアナ妃の結婚式

まだ子どもだった私は

その結婚式に釘付けになったのを思い出します


やはり・・私も女の子


王子様とお姫様の結婚式は、興味がありました


ダイアナ妃のドレスが素敵でした

Wedding_of_Charles__271389a.jpg

人の好みは、あるでしょうが、

ロイヤルな結婚式のドレスだなーと

思わせてくれるものでした。。

長ーいヴェールが象徴的でした


でも・・今回は、ちょっと地味だった気もしませんか?

将来の王様の結婚式のドレスにしては・・・



綺麗でしたけれどね。


それと、手に持つブーケも気になりました


意味のあるお花をブーケにしてますが

もう少し大ぶりでも良かったと思います。。



uuhuhhhhhhhhhhhhh.jpg


yyawawagwwwww.jpg




チャールズ皇太子とダイアナ妃夫妻というのは・・

どことなく吊り合っていませんでしたよね

ルックスも何もかも

ちょっと違和感があったのは、確かです。






今回のウィリアム皇太子とケイトさんの結婚式は

本当に幸せそうで、よかったのではないでしょうか?

両親の反面教師で

「本当に愛している人」と結婚できたのではないでしょうか・・

今後 もっと本当に愛する人が現れないことを祈ります。。

でも、大丈夫そうですよね


その日 

ロイヤルウェディングを見て

ヘブデンの街を

歩いてたら

子どもの小学校の前にある

ライブハウスで

路上ライブが行われてました

「もしかして・・ロイヤルウェディング?だから?」

と近づいて見ると


まったくの逆

「アンチ ロイヤルウェディングの集まりでした。」

ロイヤルファミリーなんていらないと思っている人が

ヘブデンには、多いのでしょうか?

アンチ ロイヤルファミリーのシャツとか売られてました。


それは、それで・・・いいんじゃないのと思いながら・・

そこを見物して行きました



そういえば、ロイヤルウェディングの記念のビスケットが

我が村のスーパーでは、沢山売れ残ってましたね

$(KGrHqJ,!l!E2EgPVKO5BNvFe,imKg~~0_12


ヘブデンは、そういう街なのかもしれませんね




歴代の結婚式の衣装が気になりました

エリザベス女王の結婚式の時


marriedyyyyyyyyyy.jpg

エリザベス女王の妹君のマーガレットの結婚式

1960margaretmay61960.jpg

アン王女の結婚式

1973decannswed.jpg


アンドリュー王子の結婚式

F_200704_Aprilroyal__32870a.jpg


テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。