スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもが将来なりたい職業

子供の学校で、先生が、生徒に「将来なりたい職業はなにか?」

と尋ねたそうです

それで、息子になんて答えたか聞いて見ました

「アンバサダー」(海外に滞在する大使)

私は、笑いました

なぜって、その前日 我が家で

ちょうど大使館の話をして、「大使館員ってよい仕事だよね」

などと、話題になっていたからです

おいおい すぐに影響されてしまうのか・・・

それで、それを答えた時 先生はどんな反応をしたか

聞いてみますと

「子供らしからぬ答えですね・・でも、○○君(うちの息子)は

なれるかもしれないね」

と答えてくれたそうです

私は、またもや大笑い

「それじゃ、がんばって勉強して、オックスフォードかケンブリッジ

もしくは東京大学 いかなきゃいけないね」

と、いいました

息子は、「勉強できなきゃ、なれないの?」

私は、「そうだよ。国と国をつなぐ、懸け橋なんだから

色々と勉強して、かなり頭がよくないと駄目でしょう・・・

なにしろ、バイリンガルなんて当たり前、その他の言葉も

できないとなれないらしよ」

息子は「えーそうなの?・・・・・・」


そして、他の生徒は、なんて答えたのか聞いて見ました

「漫画家、イラストレーター、歌手、タレント、俳優、サッカー選手

小説家 シェフ・・」

やはり、ヘブデンブリッジに住む子供だなぁと思いました

これも環境というか、親が芸術系の人が多いからだと

思います。

ひとりの女の子は、先生に指されると

「私はね シンガーになりたいの。●●●というグループが好きで

ほら、こうやって・・♪♪♪」

歌い出して、それも、ずっと歌い続けるので

先生が、「はい わかったから・・」

と止めたそうです

異色だったのは、G君

「僕は、兵士になって、戦争に行きたい」

この子は、学校一のいたずらっ子・・・

お爺さんの影響で、戦争に興味を持ち、軍隊おたくな子なのです

もうひとりは、お調子者で、いつもクラスを笑わせるJ君

「僕は、ビンマン(ゴミ回収をする人)になりたいです」

そう答えたそうです





スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

雪が降る 

先週末から雪が降っている

寒さが、厳しくなって

家が冷え込んでいる

今日のニュースでは、今週 大雪と寒波の注意報がでている

スコットランドの方は、マイナス20℃にまでなるという

http://uk.news.yahoo.com/21/20101129/tuk-20c-warning-as-snow-chaos-spreads-6323e80.html


どうしよう・・・

ヘブデンブリッジだって、イギリス北部だし

かなりの寒さになるだろう


先日 日曜日は、雪が降ってなくても

寒くって、ヒーターをつけても

寒いという状態だった


下の写真は一番最初の雪 土曜日 補習校の近所にて

100_1468.jpg

100_1470.jpg

これくらいならば、まだ良いけれど

何十センチも積もったらやだなぁ

いや・・積もってるのはよい

いやなのは、溶けて、そのあと路面が凍ること




でも 子供たちは、そんなことお構いなしに・・・


補習校で、子供たちは、雪合戦をした・・・



100_1476.jpg

授業料値上げ反対のデモ

ニュースで、ロンドンで学生によるデモがあった

イギリスで24日、教育関連予算の削減に反対する学生らによる大規模なデモが再び行われた。今回も一部が暴徒化して逮捕者が出たほか、学生と警官双方に骨を折るなどのケガ人が出た。

 デモは10日に続いて2度目で、今回は計15以上の都市で同時に行われた。ロンドンでは数千人の学生が、国会や首相官邸などのある官庁街に押し寄せた。

 前回は与党の本部に突入されるという失態を演じた警察当局だが、今回は学生が移動できないよう動きを封じ込める対策を取った。

 大胆な財政赤字削減策を推し進める中で爆発した若者の怒り。キャメロン政権にとって、文字通り、痛みを伴う試練はしばらく続くことになりそうだ。


学生が怒るのも無理はない

イギリスの大学生の多くは、学費を自分で払う人が多い

今の首相 デイビット キャメロンが、学生の頃のイギリスは

大学に入る時に、リーズナブルな学費と共に

入学時に約1万ポンド(当時日本円で200万円くらい)の

援助金を与えられるくらい学生にとっては

ありがたい環境だった

なのに、今の大学生にとって

3倍も学費があがってしまうのは、どう見ても

不公平だというのだ



そんな事を言ってみても

キャメロン首相は、

株のブローカーを父にもち、エリザベス女王とは遠縁で
インディペントスクールにゆき、名門イートンカレッジで学び
オックスフォード大学で学んだ

http://en.wikipedia.org/wiki/David_Cameron


経歴から見ても、お金に困ったことがないのは
よくわかるし

貧乏学生の気持ちなんて、わかっていないのかもしれない

やはり、保守党に政権をまかせてしまったのは

間違いだったのかな?と

思う今日この頃でした。

しかしながら、キャメロン首相のバックグラウンドを

読んでみると、ただ学歴が優秀だけではなく

いろいろと裏が、絡んでいるのがよくわかる











テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

日本のテレビ番組をオンタイムでイギリスで見る

最近 「Key HoleTV」という無料で

日本のテレビ番組が見られるものを

ダウンロードしました

http://keyholetv.jp/


画質は、仕方ないですが、音声は十分に聞こえ、

無料で見ているわけですから

なにもないよりは、ましなのでございます

日本とイギリスは、時差が、9時間(サマータイムは8時間)

あります

ですので、イギリスの夜の12時は、日本の朝 9時になります

これをダウンロードしたのは

子供に日本の番組を見せたいからなのですが

子供の番組って、夕方6時から7時が多いですよね

そうなると、イギリスでは、ちょうど学校に行っている時間なので

結局 日曜日の番組くらいしか見れないのです

ちょっと残念ですが・・

私は、楽しんでます

放送大学が、見れるのが

うれしいです。。

日本のテレビやラジオの音が

イギリスの家の中で流れているいるのは

不思議な感覚ですが

日本の情報がもっと身近になりました

こんな感じで見ることができます。



keyhole1.png

keyhole2.png



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

都市伝説?ジャングルミート

今日 食事をしながら、色々と話をしていた

そこで、「世界中の食べ物の中で、どこの国の料理が好きか?」

という話題となり、

たぶん、一番は日本だよねと意見が一致

その理由

ミシュランガイドだって、一番が東京だし、

とにかく、日本料理に限らず、

おいしい食べ物がたくさんあるから。。

日本人特有の「匠」な技術と天性の味覚が

そうさせるのだと思う

イギリス料理は・・・・

どうか・・

三ツ星で有名なのが、「The Fat Duck(ファット・ダック)」

http://www.thefatduck.co.uk/

http://www.lib.uk.net/uk_eating/restaurant_review1.html

ここの料理は、「味覚」という感覚を

研ぎ澄ましてくれるらしい

分子料理法を取り入れて、化学と伝統的な調理を融合させた斬新な料理を提供する。シェフのヘストン・ブルーメンタールが考案した、iPodで波の音を聴きながら食べる「海の音色」、ベーコンエッグのアイスクリームなどが有名。2004年にミシュランの3つ星を獲得。料理評論家が選ぶ2007年の「世界のレストラン・ベスト50」で、スペインの「エル・ブジ」に続いて2位に選ばれた。(読売新聞より抜粋)

このお店に、子供が行きたいというので

今度、お誕生日にいって見ようかな


そんな話をしている間

今度は、まずいものの話になった

その途中

「あのさ、ジャングルミートって知ってる?」

ジャングルミートとは

アフリカのジャングルに住む動物たちの肉(その中は

色々な肉が、詰まってるらしく、いったいなんの動物か

わからない かなり怪しいもの)が

袋詰めで冷凍されていて、それが違法なのだけれど

ロンドンのマーケットで時々売られているのだという

実際に売っているのを見た人もいる

ほとんど、それを買うのはアフリカ系の人ばかりで

「故郷の味」を求めて買うらしい

警察に見つかったら、すぐに逃げれる体勢で売られているが

結構買う人がいるという

なんの動物かわからない・・怖いですよね

それで、それを食べている人たちも

歯ごたえで、「ああ、これはサルだとか、

あの動物だとか」わかるらしい

中には、とんでもなくまずい肉も入っているらしく

そこまでしても

故郷の味は、懐かしいのだろうね

たぶん、日本人の私たちが、

日本食を買い求めるように・・・

それで、調べて見たら、本当だった

2001年のニュースで、感染の危険性を

訴える記事が出ていた。。

http://www.telegraph.co.uk/health/1324716/Ministers-were-warned-of-bush-meat-from-Africa.html


結局 子供の時になにを食べて育ったか

とっても重要なのだよね

「おふくろの味」「郷土料理」

私も、子供のために、お料理がんばらなくちゃと

思わせられました。。。




クリスマス 到来・・・・

日曜日 

ヘブデンのスクエアーに

クリスマスツリー(もみの木)が

飾られていました




100_1444.jpg

また この季節がやってきました

1年って本当に早いですね

となりのマーケットでも

クリスマスで使うものなどが

売られています

100_1446.jpg

私は、未だにクリスマスツリーを見ても

ワクワクしない

何年ヨーロッパに住んでいても

よそ者(よそ物)感覚なのです

そういえば、大学生の頃

聖書を読んでみたけれど、話に登場する人物や

羊が、どうたらといわれても

ピンと来なかった

なんていうのだろう

自分の生活と、ジーザスが生きていた時代や場所が

かけ離れすぎて、実感がわかなかったのだよね


新約聖書では、「ルカ福音書」(15章)や「マタイ福音書」(18章)に「迷子の羊と羊飼い」のたとえ話の節がある。愛情も慈悲も深い羊飼いは、たとえ100匹の羊の群れから1匹が迷いはぐれたときでも、残りの99匹を放っておいて、そのはぐれた1匹を捜しに行くものだとある。隠喩で、このはぐれた羊はキリストへの信仰が薄い逸脱者とみなされる。しかしこの羊は迷っただけであり、完全な反抗者でも異端信者でもないため、キリスト信者への復帰が認められている。
「ヨハネ福音書」では、イエスが「私は善き羊飼いである」と語るが、イエス自身も「世の罪を取り除く神の小羊」と呼ばれる(1章29節)。
この「神の小羊」は、イエスが後に十字架上で刑死することにより、人間の罪を除くための神への犠牲となる意味があり、イエスが刑死したのも前述の過越祭の期間であったことから、パウロは第一コリント5章7節で、イエスは「過越の小羊として屠られた」と表現する。→ミサ・ミサ曲
また、「ヨハネ黙示録」において、天上の光景のなかで啓示されるイエスの姿は「屠られたような」「七つの目と七つの角」を持つ小羊の姿である



イギリスで初めて羊を見て

「これが、聖書に出てたひつじね」と思った

ロンドンで羊を見れるわけもなく

イギリスの田舎に来て初めて見たのだが

一緒にいたイギリス人に

「うわー羊だ。すごい」と感動していたら

「・・・・・・・・・・・・・日本には、羊いないんですか??」

驚かれた思い出がある

私は、やっぱり日本人

お正月と門松のほうが、ピンと来るし

ちょっと嬉しい気分になる

そういえば、門松のほうが、クリスマスツリーよりも

歴史があると聞いたことがある

平安時代から、門松はあったらしいから・・・

でも、同じ針葉樹林で

樅の木もマツ科の植物なのです。

門松は、「木に神様がやどり、長寿を象徴する」から

らしい・・・

クリスマスツリーは、「旧約聖書の『創世記』に登場する知恵の樹」

だそうです






テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

イギリスに住んでいると

よく虹を見る

土曜日も

虹が出ていた

100_1440.jpg

雨の多いイギリス

ミレイの絵を思い出した

400px-Millais-Blind_Girl.jpg

盲目の少女の心に虹は写ったのだろうか


次に思い出したのは

そして、イギリスの子ども番組「Rainbow」

1972年10月から1992年3月まで

ITVというイギリスの放送局で

放映されていた番組

オンタイムでは観ていないけれど

子どもが小さい頃 このビデオを持っていて

見た記憶がある

口にジッパーがある黄色いその名の通りのZippyや

あまり可愛くない熊のキャラクターのBungleが

印象的だった。


nzip.jpg









テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

イギリス国外で生まれて、イギリスに住んでいる人

面白い資料を読みました。


イギリス国外で生まれて、イギリスに住んでいる人の数


(2001年のデーターですが・・・10年も前か・・と思いつつも・・・)


イギリス全人口(57,103,331人)の7.5%だったようです。


そのなかに、もちろん日本で生まれた私たちも含まれてます(2001年以前にいたらね)


2001年当時の日本生まれのイギリス滞在者の数は


37293人イギリス全人口の0.07%にあたるらしい


それは、1991年の調査の時より9046人も増えていて・・・


大半の日本人は、ロンドンに集中して住んでました。

その当時ロンドンに住む日本生まれの人口は

19,158人

データーによると

2800人の人はロンドンの中心部に住んでいて

バーネットからゴルダーズグリーンの周辺に

2300人いたと書いてありました。。

ロンドンの中でも、一番日本人が多く住んでいたのは、

アクトンで、1790人。そして、フィンチェリーと続きます

その理由は、日本人学校や、補習校があることだと思います


下のリストを見ると、ロンドンの中では比較的

人気があり、土地も高い場所です。

アクトン 1790人
フィンチリー 981
リージェンツパーク 846
ハイドパーク 683
バーネット 673
ゴルダーズグリーン 643
ハイゲイト 601
ウィンブルドン  586
キルバーン 566
ケンジントン 565


でも、このあと

ロンドンの土地の値段が、異常に跳ね上がり、

ロンドンに家をもてなかった人が

多く、地方に分散したのも事実です




それでは、2001年当時

日本生まれの人がイギリス全土に

どのくらい分布していたか?



下の数字は、2001年の日本人分布数 (カッコの中は、1991年)
          
イーストミッドランド    954人(410)
イーストイングランド   2,298人(1,467)
ロンドン       19,158人 (17,268)
ノース イースト   690人(835)
ノース ウェスト     1,109人 (646)
スコットランド     1,142人 (796)
サウス イースト      6,578人(3,904)
サウス ウエスト      1,827人(724)
ウェールズ         945人 (892)
ウェストミッドランド 1,679 人 (921)
ヨークシャーハンバーサイド 913人 (384)


これを見ると、10年の間でどれだけ日本人がふえたのか

わかりますね。。

どの地域も2倍くらい増えてます

そして、ヘブデンブリッジも入っている

ヨークシャー&ハンバーサイド地域は

10年で3倍も増えてます。

すごい!!!

でも、North Eastの地域の数は減ってます

たぶん、日本企業などがあったけれど

撤退したとかでしょうか・・?


10年ごとのデーターらしいので

来年2011年には、

新しい調査が行われ

新しいデーターがでることでしょう

















テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

ボンファイアーナイトの翌日

昨晩のボンファイアーナイトの残り火・・


まだ、燃え続けてました


灰になるまで


燃やし続けるのでしょうか???






100_1418.jpg


100_1424.jpg




となりで、スケボーを楽しむ少年たち


かなり煙いけれど・・大丈夫なのかな?


ちょっと心配になった。


100_1422.jpg

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

ボンファイアーナイト

100_1394.jpg


今日は、11月6日 土曜日 

イギリス各地で、ボンファイアーナイト

執り行われた


ここ、ヘブデンブリッジも毎年恒例のボンファイアーナイトが

あってみんなで行ってきました


100_1370.jpg

イギリスの的屋(笑)が出てまして

子供たちは、その明かりにひきつけられます


100_1372.jpg

ダーツで、熊のぬいぐるみを取る・・・ゲーム

的屋が儲かるシステムだって

わかっていても

なぜか、がんばって見るお客さんたち


100_1371.jpg

「絶対 無理だって・・・」

でもさ

それでいいの

それで、大人になってゆくのかもね


100_1378.jpg


何十年も使っているようなダックの釣堀

だれでも、とれて

当たり外れなく

1ポンドもしないおもちゃが

2ポンドのゲームで釣れる

でも、こどものお楽しみです・・

この雰囲気を楽しみましょう

100_1381.jpg

100_1379.jpg

綿菓子も売っているよ

ローズが、欲しいと

言って

かってあげた


100_1383.jpg


そして


ボンファイアー・・

火がついた


火のなかにみえる

人形は、

うちの子供の小学校で

作られた



100_1387.jpg

火がどんどん燃えて行く

花火も打ち上げられてゆく



100_1390.jpg

100_1389.jpg


100_1391.jpg


100_1392.jpg

100_1393.jpg



ベイビーグレースもいたので・・

100_1374.jpg


寒いし

かわいそうだったので

このパークが見渡せる

ホテルへ・・・移動・・・

ホテルの窓から

花火を見る



100_1397.jpg


100_1398.jpg
100_1399.jpg
100_1401.jpg
100_1407.jpg
100_1408.jpg






テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

トフィーアップルはリンゴ飴 でもアメリカではキャンディアップル

毎年 イギリスでは

ハロウィーンの季節になると

トフィーアップルが

果物屋さんやスーパーに並ぶ


507885799_a5518b5798.jpg


うちの子供が、大好きなので

何度か買うことになる


日本でも「りんご飴」として

御祭の縁日で見かける

あんず飴もなつかしいですね

大好きだったな・・


80184644_d2d39f9284.jpg


イギリスでは、「トフィーアップル」アメリカでは、「キャンディアップル」

というそうだ


調べてみると、結構世界的に

ひろがっているようで

ラテンアメリカでは、ホリデーシーズン

ブラジルでは、ヨハネのお祭りに

ドイツではクリスマスシーズンに

イギリスでは、ハロウィーンやガイホークスのころ

中国でも「Tanghulu」といった似たようなお菓子が

あるらしい


220px-Tanghulu-shanghai.jpg


歴史的には

最初 1908年ごろにアメリカのニュージャジー州のニューアーク

という場所で、キャンディメイカーのWilliam W. Kolbさんというひとが

クリスマスのウインドーディスプレー用に

作ったのが最初らしい

それが、またたく間に、売れて、人気になった


赤い色がかわいいですよね




最近は、いろいろな種類のアップルが

売られていて

私が、ぜひ食べて見たいのが、

キャラメル味

おいしそう・・・




250px-Caramel_Peanut_Candy_Apples_2592px.jpg


チョコレート味は

イギリスでも売っています

Large_CandyApple2pack_FNL.jpg


しかしながら・・

水あめですから・・


家でも簡単につくれます。

砂糖、水、食紅、があれば、作れてしまいます。


チョコレートもね






テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。