スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carnival

今日は、8月30日

イギリスは、バンクホリデー(祭日)です


そこで、リーズへ行って来ました


なぜかと言いますと・・


Leeds West Indian Carnival


が、開かれているというので・・・・・・・


Leeds_Carnival_2010_Latest_Flyer_copy.jpg




見てきました。



イギリスでは、ウェストインデーズというと


カリビアンの人たちをさします


昔 イギリスの領土だった国々の人が


現在 イギリス国民となって、在英しているわけです


* Anguilla (British overseas territory)
* Antigua and Barbuda (1981)
* The Bahamas (1973)
* Barbados (1966)
* Belize (formerly British Honduras) (1981)
* Bermuda (British overseas territory)
* British Virgin Islands (British overseas territory)
* Cayman Islands (British overseas territory)
* Dominica (1978)
* Grenada (1974)
* Guyana (formerly British Guiana) (1966)
* Jamaica (1962)
* Montserrat (British overseas territory)
* Saint Kitts and Nevis (1983)
* Saint Lucia (1979)
* Saint Vincent and the Grenadines (1979)
* Trinidad and Tobago (1962)
* Turks and Caicos Islands (British overseas territory)


この人達が、メインになって、カーニバルをしています。



Leeds West Indian Carnivalも、1967年に始まった



カーニバルです。




カーニバルは、ロンドンのノッテイング・ヒルでも



行われています



ロンドンに住んでいたときは、何度か行きました。



でも、人が多くって・・ね。



だれか、知り合いでもいたら


もっと楽しいのでしょうが・・



外部から、ひょこりたずねて来た者にとっては



こんなものなのでしょう



お祭りって、結局 主催して、作り上げて、参加する


それが、楽しいのだと思います


主催は、嫌か・・やっぱり・・ストレス溜まりそうですね。


話は、ずれましたが


リーズのチャペルタウンに、行ったのは初めてでした。


このへんは、ブリテッシュアフリカン・カリビアンコミュ二ティー


が、あるようです。


正直言って、あまり・・良い環境の場所ではない気もしましたが・・


偏見かもしれません。。ごめんなさい。





カーニバルの行進が始まるのを待っているところ・・


100_1008.jpg



100_1009.jpg


100_1010.jpg



100_1013.jpg


100_1014.jpg


100_1015.jpg


100_1016.jpg


100_1017.jpg

地元の人達が、頑張ってました。


でもね・・・カーニバルをするには


もっと、青空と太陽が欲しいですね


イギリスのグレーの空には・・


トーンダウンしてしまいます。


100_1021.jpg

100_1025.jpg


100_1024.jpg


そして、公園へ移動


ここでは、沢山の人が集まってお祭り会場となっていました


100_1027.jpg


カリビアンの屋台が沢山出ています


100_1028.jpg


100_1033.jpg

カリビアンのお赤飯です


100_1034.jpg


私たちも、匂いに誘われ


買って食べてみることに・・!


100_1036.jpg

私が、食べたのは、黄色いソースにチキンを

煮込んだものに、カリビアンの赤飯(笑)


子どもが、食べたのは、スパイシーなチキンと

カリビアン赤飯 


100_1038.jpg


でも、すごーい 人です


人が多すぎる・・


100_1030.jpg


100_1032.jpg


100_1042.jpg


100_1043.jpg


100_1044.jpg


100_1045.jpg


美味しそうな焼きとうもろこし・・


子どもが、食べたいというので


ひとつ購入。。


その時 お兄さんが、


「ボァーダー?ボァーダー?」


というので、何を言っているのか


さっぱり分からず・・・


よく見たら、バターを差してました


バターをつけるか、聞いたのね・・



スポンサーサイト

子供と私の文化の違い 

今日 家で片付けをしながら

私が、何気に口ずさんでた曲を

子どもが、一緒に歌い始めました


私は、「この曲 なんで知っているの?」

息子は、「だって、有名じゃない。」


私は「すごいね。ティアーズ・フォー・フィアーズなんて

知ってるんだ・・」

と感心していたら


息子は、「ティアーズ・フォー・フィアーズ?

誰それ・・この曲は、ジェームス・コーデンが歌ってるんだよ」


私は、「違うよ。この曲は、ティアーズ・フォー・フィアーズという

バンドが80年代に歌った曲だよ。」

息子は「そんなの知らない・・」


そうなのです

カバーした曲だと知らなかったのです


私にとっては、ティアーズ・フォー・フィアーズは

おなじみの曲であっても

息子にとっては、

生まれる前の曲・・

そして、2010年のワールドカップの時

イングランドを応援する曲だったのです。



Dizzee Rascal and James Corden




こんなに頑張って歌っても、負けちゃっったけれどね。



そして、本家本元はこちら・・







Shout
Shout
Shout
Let it all out
These are the things I can do without
Come on
I'm talking to you
Come on

In violent times
You shouldn't have to sell your soul
In black and white
They really really ought to know
Those one track minds
That took you for a working boy
Kiss them goodbye
You shouldn't have to jump for joy

They gave you life
And in return you gave them Hell
As cold as I ice
I hope we live to tell the tale.

And when you've taken down your guard
If I could change your mind
I'd really love you break your heart

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

隣村の裏山でハイキング。。

今日は、隣村のお友だちと

ハイキングに行って来ました。


お天気もよく・・

楽しい1日を過ごしました



ありがとう・・・・



お友だちは、車で迎えにきてくれまして(お世話になってます!)


彼女の先頭のもとに、

出発しました


100_0949.jpg

丘の上へ続く山道を

登っていきます

普段の運動不足・・

考えさせられます。反省(笑)



100_0953.jpg


トッドモーデンの村が、だんだん 下に見えてゆきます


100_0955.jpg

途中で、ブラックベリーが沢山なっていました

天然のブラックベリーです

子供たちは、摘みとって、

食べていました。

100_0959.jpg


100_0960.jpg


100_0962.jpg


100_0963.jpg


100_0964.jpg


100_0966.jpg


100_0967.jpg


100_0968.jpg


100_0971.jpg


100_0972.jpg


100_0975.jpg


100_0976.jpg


100_0979.jpg


100_0984.jpg


カイトをあげようと、トライするが


風が強すぎて


高く上がりませんでした。


でも、楽しかった


子供たちが


本当にのびのびして


幸せそう・・・






100_0988.jpg


100_0997.jpg


100_0998.jpg



こうやって、歩いてきた日は

すごく、心も穏やかで

体も、気持ちが良くて

自然からパワーをもらったからですね



1週間前は、パリにいましたが

今日は、ヨークシャーの空の下でした。



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

リヴァプールへ行ってきた ♪

今日は、リヴァプールへ行きました

夏休みも、終わりに近づいています。


サッカー好きの子供の為に

リヴァプールのスタジアムを見に行きました。


100_0811.jpg


子供はチェルシーのファンなので

チェルシーのユニフォームを着ていましたが

さすがにそれを着て

この周辺を

うろつけません。

なので、ジャケットを着させて

見学しました


100_0814.jpg

100_0816.jpg


100_0813.jpg


エバトンのスタジアムも歩いてゆける距離にありました


Everton clublogo


こんな環境なので、チェルシーの服を着ていたら

ボコボコにされます。



リヴァバード(ライヴァーバード? リバプールの象徴)を見ながら、

タウンの方へ移動しました。

この鳥は、リヴァプールの船乗り達の守り神である


100_0819.jpg



220px-Liver_Bird.jpg





Liverpool_City_Council_coat_of_arms.png

アルバート・ドックへ行きました


100_0820.jpg


100_0821.jpg


100_0826.jpg

ビートルズのミュージアムがあります

100_0824.jpg

100_0832.jpg


100_0833.jpg

ビートルズじゃなくて チートルズ (笑)


100_0828.jpg

世界中にビートルズをコピーするバンドが

たくさんいます。

こんな三輪車も・・・

100_0923.jpg

100_0924.jpg

ジョージが、いません

お仕事で人を乗せてどこかへ

行ってしまったのでしょうか・・


100_0926.jpg


この後 リヴァプール テイトギャラリーに・・

モダンアートが、無料で見られます

今日は、ピカソ展が行われていました

こちらは、有料でした


100_0834.jpg


100_0836.jpg


100_0841.jpg

100_0840.jpg

100_0844.jpg

100_0846.jpg


100_0847.jpg

100_0848.jpg

100_0851.jpg

100_0854.jpg

100_0856.jpg

100_0857.jpg


常設展の中にも素晴らしい作品がたくさんありました

100_0859.jpg



100_0864.jpg

100_0869.jpg

100_0873.jpg

そして

また

移動・・・・

100_0886.jpg


100_0889.jpg


港町だけあって

すごい風が吹いてます

子供は、その風に吹かれて

喜んでいました

飛んでいきそうだって・・・


すごかったのが、この黄色い車


船の形していますが


これが、港の湾のなかに走って


水に浮かび 船として

進んでいくのです


ちょっと感動。。。

観光客がたくさん乗ってました。


100_0888.jpg


そして、次は

ビートルズが生まれた

場所へ

100_0892.jpg

100_0893.jpg


100_0894.jpg

キャバンクラブの前です。

ビートルズのファンがたくさんいました

年代は50代、60代の人が多かったです。

聖地ですからね

ここは・・・

今年は、ビートルズの記念行事が

盛りだくさん・・

100_0896.jpg


100_0897.jpg


100_0900.jpg

100_0901.jpg


100_0902.jpg


100_0903.jpg


100_0905.jpg


100_0906.jpg


100_0908.jpg

マシューストリート ビートルズ誕生の地

と書かれてます


100_0909.jpg


ビートルズに似てない(笑)けれど有名な・・

ジョージの手が・・

もぎ取られてます

ホラー・・・・だわ。。


100_0910.jpg

本家ビートルズショップ・・

ここのお姉さん 良い人だった。。



100_0912.jpg



こんな感じで

リヴァプールを

見てきました




リヴァプールは、建築ラッシュです

古い家(特にテラスドハウス)が、かたっぱしから

壊されて、開発されてます


ビートルズのリンゴ・スターの生家も

それのリストに入っているらしく

ネットのニュースで読んだばかりでした


カッコ良い リヴァプールをつくろうと

頑張ってますが

生まれた家が、壊されるのは

悲しいと感じる人が

きっといるだろうなぁ

と思いました


どんなに貧しても・・小さな家だったとしても

やっぱり、思い出と・・そこに愛があったでしょうから・・・


100_0927.jpg



ビートルズが、キャバンクラブで演奏した動画





テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

ルーブル美術館 モナリザ

ルーブル美術館へ行きました。 


が・・・・・


夏休みとあって、


とっても混んでました


100_0740.jpg


長い列に並んで


やっと・・入場


ピラミッドの中へ


100_0749.jpg


100_0750.jpg


100_0751.jpg


100_0752.jpg


100_0753.jpg


100_0754.jpg


100_0755.jpg


そして

やっと

モナリザのところへ



しかし


すごい 人 人 人・・・・


100_0758.jpg



やっと 撮った 写真はこちら・・・



100_0763.jpg



これでは、じっくり鑑賞できるわけがない・・・・


100_0766.jpg


100_0767.jpg

ルーブルの窓から見た風景


100_0776.jpg


100_0777.jpg


100_0778.jpg


100_0780.jpg




モナリザ じゃなくて

本当は モナリサなんだよね


では、この曲を・・

この曲が、テーマになった映画を

思い出しました




MonaLisa_sfumato.jpeg

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

パリで感じた事

パリの街並み・・・

お天気が良くて、

空がとてもきれいだった事

パリの街に青い空は、美しかった。

100_0536.jpg


100_0550.jpg


100_0554.jpg


100_0555.jpg


100_0561.jpg


100_0563.jpg

100_0567.jpg

100_0568.jpg

100_0573.jpg

オペラ座のギフトショップ

100_0635.jpg

100_0636.jpg


100_0639.jpg


2日目は、ちょっと曇った時もあったけれど

それも、雰囲気が違ってよかった。


100_0643.jpg

100_0646.jpg

100_0647.jpg

100_0648.jpg

100_0649.jpg


100_0650.jpg

100_0651.jpg


100_0652.jpg


100_0654.jpg


100_0655.jpg


100_0656.jpg


100_0659.jpg

100_0662.jpg

100_0665.jpg

100_0666.jpg

100_0691.jpg

100_0686.jpg


100_0694.jpg

100_0695.jpg


100_0696.jpg


100_0712.jpg


100_0714.jpg


100_0731.jpg

100_0734.jpg


100_0735.jpg


100_0736.jpg


100_0737.jpg


100_0738.jpg


100_0739.jpg

100_0733.jpg


うーん パリ やっぱり 素敵!

誰もが、恋の都というのは、頷けます。








テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

パリで食べた美味しいもの その2

2日目の夜は

私のリクエストで、

パリのベトナム料理を食べに行きました


何度かパリに行きましたが

お友だちが、連れていってくれた

あの・・ベトナム料理の味が

忘れられなくて・・・・


今回 わがままを言わせてもらって

行って来ました

行ったのは、行列が出来る有名なお店

「PHO 14」というお店です


100_0697.jpg


この日は、日曜日で、時間も8時を過ぎてまして

手持ちのユーロが少なくて

心配していました

カードは使えないからです

でも、マネージャーにわけを話したら

ポンドで払っていいと言われ

安心しました。

でも、かなり大雑把なレートでした(笑)

100_0699.jpg

念願のベトナムうどん フォーに感激。

100_0702.jpg

100_0703.jpg


100_0704.jpg

揚げ春巻き や ベトナム風の餃子?も頂きました。。

すごく美味しかったです。

私が、一番 食べたかも・・・




又 いきたいなぁ。。




Pho 14
129, av. de Choisy
75013 PARIS
T 01 45 83 61 15
メトロ:Tolbiac

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

パリで食べた美味しいもの

子供との旅でしたから

何か美味しいもの イギリスや日本に無いものを

食べさせたいと思っていました


初日の夕ごはんは、蛙料理の専門店に行きました。

そう、ぴょんぴょん跳ねる あのカエルです


イギリス人は、フランス人がカエルやかたつむりを

食べると言ってバカにします。


なので、カエルを食べようと思ったのです

・・・・・家の息子が・・・(笑)


パリに行くと決まったとき すぐに

「僕 カエルが食べたい!!!」

と言ったのです。


一緒にパリに行ったロンドン在住のお友だちも息子さんも

私たちの意見に賛成してくれまして

行って来ました


100_0592.jpg


看板のカエルがかわいいです。

そんなに広くはないですが、雰囲気がある

素敵なレストランでした

100_0595.jpg

ちょっと、写真がぼけてしまいましたが・・



100_0593.jpg


100_0599.jpg


100_0598.jpg


100_0600.jpg


100_0601.jpg


100_0602.jpg


100_0603_1.jpg


100_0604.jpg


100_0608.jpg


100_0614.jpg

カエルは、とても淡白な味で

チキンに、似ています

美味しかったです。


エスカルゴも食べましたが、

その殻を洗ってもらって

子供たちのおみやげになりました

思い出としてね

100_0620.jpg


100_0622.jpg



カエル専門料理 レストラン

 Roger la Grenouille

26?28 rue des Grands Augustins -70006 Paris

TEL 01 56 24 24 34







テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

ロンドンとパリへ ♬ ♪ ♫

ロンドンとパリへ行ってきました


ロンドンは、2日 パリは3日滞在しました


ロンドンでは、子供のパスポートの更新があり


日本領事館へ行きました。


この写真が、ロンドンの日本大使館&領事館です。

100_0496.jpg


早いもので、子供にとって、3冊めのパスポートです


生まれて作ったのが、1冊目、5歳で2冊目、そして、


それが、12月に有効期限が、切れてしまうので、


ロンドンに出たついでに、済ませてきました


イギリスの田舎に住んでいる人の為に特別のはからいで、


朝 10時までに申請すれば、夕方には、出来上がります


久々のロンドンは、よかったです


子供のリクエストで行動したので


観光は、しませんでしたが


行きたいところは、どこかと尋ねると、


「チェルシーの球場・・・それと、日本食が食べたい」


まったく、それしか頭にないのかい???


もっと、バッキンガムパレスとか、ビックベンとか


見れば?と行ったのですが、興味なし・・・


しょうが無いので、行きました。


日本大使館の前から、14番のバスに乗れば


チェルシーの球場前まで、連れて行ってくれます


途中、私が昔 住んでいたナイツブリッジの


フラットが見えて、思い出に浸りました


100_0498.jpg


そして、ハロッズも見えました。


100_0499.jpg

中に入りませんでしたが、オーナーが、あの有名なダイアナ妃と


一緒になくなった、ドリ・アルファイドのお父さんでは


なくなって、新しいオーナーになったようなので、


見てみたい気はしましたが・・・・・


子供は、まったく興味なく・・


スタンフォードブリッジ球場へ・・・


試合がなくても、チェルシーのショップを


見るのが、目的なのでした。


100_0501.jpg



100_0505.jpg


子どもが、前から欲しかった、キーパーのシャツを買いました。


チェルシーファンにとっては、聖地ですからね。。



テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

日本の経済下落と強力な多剤耐性菌が拡散

Japanese Economy Slips To Third In The World



(c) Sky News 2010, 14:05, Monday 16 August 2010
Japan has lost its place as the second biggest world economy, after sluggish growth figures saw it slip behind Asian neighbour China.

Exports of cars, gadgets and electrical components have slowed in recent months while Japanese consumers were cautious in their spending.

The latest government data showed Japan's GDP growth slowed to 0.4% in the three months to June compared with the previous two quarters - a level much lower than expected.

Over the year as whole, Japan's economy is forecast to expand by 2-3%, while China's is growing at around 10% every year.

The gap between the size of the two economies at the end of last year was already narrow, and the latest statistics put China out in front.

The difference in growth rates means China will almost certainly also come out on top by the end of 2010.

With a rapidly growing population and booming industry, some experts predict China will overtake the US as the world's largest economy as early as 2030.

"People have been expecting the Chinese economy to grow at a rapid pace and become physically larger than Japan for many years, so it is not a surprise," said Robert Feldman, chief economist at Morgan Stanley MUFG Securities in Tokyo.

"The issue is whether this will be a trigger for policy changes in Japan."

Japan has held the number two spot after the US since 1968, when it overtook West Germany.

It rose to become a global manufacturing and financial powerhouse but its so-called economic miracle turned into a massive house price bubble in the 1980s before imploding in 1991.

Meanwhile in the last few years China's economy has pushed aside Britain, France and Germany as it heads towards unseating the US.

Just five years ago China's GDP was half of Japan's.

However, its rapid expansion has not been felt by much of Chinese society.

While there are dozens of billionaires, the average income for the rest of its 1.3 billion people is among the world's lowest.

China has a per capita income of just ?2,300 compared to a per capita income of ?24,250 in Japan.

Americans remain the richest in the world with a per capita of over ?27,000, and their economy is a whole is still by far the biggest.


日本の経済力の低下・・

これは、前々から言われていたことですけれど

こうやってイギリスのニュースに書かれると

嫌な気持ちになります。



そして、またもや心配のニュースが・・

抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ多剤耐性菌がインドやパキスタンで広がり、両国に旅行して感染する例が増えていると、インド・マドラス大や英健康保護庁(HPA)などの国際研究チームが16日までに英医学誌ランセット電子版に発表した。

えええ・・大丈夫かなぁ

そのThe Lancet Infectious Diseasesでは

Background
Gram-negative Enterobacteriaceae with resistance to carbapenem conferred by New Delhi metallo-β-lactamase 1 (NDM-1) are potentially a major global health problem. We investigated the prevalence of NDM-1, in multidrug-resistant Enterobacteriaceae in India, Pakistan, and the UK.
Methods
Enterobacteriaceae isolates were studied from two major centres in India―Chennai (south India), Haryana (north India)―and those referred to the UK's national reference laboratory. Antibiotic susceptibilities were assessed, and the presence of the carbapenem resistance gene blaNDM-1 was established by PCR. Isolates were typed by pulsed-field gel electrophoresis of XbaI-restricted genomic DNA. Plasmids were analysed by S1 nuclease digestion and PCR typing. Case data for UK patients were reviewed for evidence of travel and recent admission to hospitals in India or Pakistan.
Findings
We identified 44 isolates with NDM-1 in Chennai, 26 in Haryana, 37 in the UK, and 73 in other sites in India and Pakistan. NDM-1 was mostly found among Escherichia coli (36) and Klebsiella pneumoniae (111), which were highly resistant to all antibiotics except to tigecycline and colistin. K pneumoniae isolates from Haryana were clonal but NDM-1 producers from the UK and Chennai were clonally diverse. Most isolates carried the NDM-1 gene on plasmids: those from UK and Chennai were readily transferable whereas those from Haryana were not conjugative. Many of the UK NDM-1 positive patients had travelled to India or Pakistan within the past year, or had links with these countries.

おいおいUKで37人ですか・・

困った・・

またもや 伝染病の心配が始まる・・

あの・・・もうすぐ

パリへ行く予定なのですが

大丈夫かなぁと心配になってきました。

ヨークシャーでじっとしているべきなのでしょうか。。

今までの患者さんは、大事故や、手術を受けて

感染している人が多いそうです


こういった抗生物質も効かない細菌は

どうやって生まれてくるのでしょうか??

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プレミアリーグ開幕 

今日は、ChelseaとWest Bromwich Albionの試合がありまして

パブ観戦してきました


6対0で、勝利 !!


余裕のチェルシーです


しかしながら・・ブラックプールが、すごい頑張っているようですね。。


どうしようもなかったチームが、どんどん上に上がっていくのは


なんだか・・応援してしまいたくなります。


44b1a9dbda4aac3b2d00a101b814724b.jpg


うちにいるチェルシーファンは ご機嫌で帰宅しました。



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Elbow - Powder Blue

Elbow というバンドのPowder Blueという曲

アンニュイな・・・悲しいような・・・

そんな曲です


マンチェスター出身のバンドです




Your eyes are just like black spiders
Your hair and dress in ribbons. Babycakes
In despair or incoherent. Nothing in between
China white, my bride tonight
Smiling on the tiles

Bring that minute back
We never get so close as when the sunward flight begins

I share it all with you
Powder blue
Stumble through the crowds together
They're trying to ignore us. That's o.k.
I'm proud to be the one you hold when the shakes begin

Sallow skinned, starry eyed, blessed
In our sin
Bring that minute back
We never get so close to death
Makes you so alive
I share it all with you
Powder blue


photo.jpg


影響されたバンドは、 Genesis (ジェネシス)Peter Gabriel,(ピーター・ガブリエル)

Talk Talk (トーク トーク)と Radiohead (レディオヘッド)と語ってます

なるほど・・つながるものあります

声が、ピーター・ガブリエルにちょっと似てますね

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

フィッシュ&チップスの歴史 と ハドック トライアングル・・・ミステリー?

イギリスといえば、フィッシュ&チップ・・・

その最初のお店は、ジョセフマリンという名前でした。


fish-and-chips-seafoodinsouthafrica.jpg



このお店が、今もあるかは、わかりませんが、
住所は、ロンドンのCleveland Streetというところにありました

1860年・・150年前に、13歳のユダヤ人の男の子ジョセフマリンのアイデアで
この家族によって開かれたお店だそうです

なぜ、ユダヤ人かというと、約200年前に、ポルトガルとスペインから
移民として、イギリスに渡ってきたユダヤ人が、魚を揚げる料理を持ち込んだそうです
約50年のあいだ、ユダヤ人の家庭で、作っていた料理が、この少年のお陰で
イギリスの国民食にかわったのです。




さて、TIMESという新聞が発表した、イギリスのフィッシュ&チップス店の
2009年のトップ10をご紹介しましょう

輝く1位になったのは・・

1. Linford’s Traditional Fish & Chips, Market Deeping, Peterborough, Eastern England
  
  6 Market Place, Market Deeping, Peterborough, PE6 8EA


staff.jpg




2. Finnegan’s, Porthcawl, Wales
  Finnegan’s Fish Bar, Unit 6 Broadlands District Centre, Gentle Way, Bridgend

3. Metro Fish Bar, Bury, Lancashire, North West England
  825 Manchester Road, Bury, Lancashire, BL9 9PT

4. Atlantic Fast Food, Scotland
 155 Calder Street, Coatbridge, ML5 4QR

5. Scooby Snax, Brightlingsea, nr Colchester, London and South East England
 3 Church Road, Brightlingsea, Colchester, CO7 0JE

6. The Fish and Chicken Inn in Ballymena, Northern Ireland
 47 Ballmoney Street, Ballymena, BT43 6AN

7. Daniels Fish & Chips, Weymouth, South West England
 159 Abbotsbury Road, Weymouth, DT4 0TA (T: 01305 787720)

8. Royal Fisheries, Whitby, North East England
 48 Baxtergate, Whitby, North Yorkshire, YO21 1BL

9. Great British Eatery, Birmingham, Midlands
 13 Francis Road, Birmingham, B16 8LP

10. Broughton Fish & Chips, Milton Keynes, Central & South England
  81 Tanfield Lane, Broughton, Milton Keynes, MK10 9NJ


ベスト10に、入ったお店・・・一度 行ってみたいですね


我が家から、もっとも近いのが、NO3に入ったお店です。

ここならば、行けるかもしれません。




フィッシュ&チップスについて、Wikiのページを読んでましたら

こんな事書いてありました。


in one part of West Yorkshire, the area between Bradford, Halifax and Keighley known as the "Haddock Tr
iangle", very few shops offer cod on their menu


ふーん なんと

わたしの住んでいる地域が「ハドックトライアングル」という

まるで、バミューダートライアングルみたいに(笑)、コッドを使わず

ハドックを主流にお店に出している貴重なエリアらしいのです

いやー・・

実は、私も同じ疑問を持っていたのですよ!!

この村のフィッシュ&チップショップも

COD(コッド)って書いてないんです

それを、なんとなく不思議に思っていたのです

なんだーそうだったのかぁ・・

でも、COD とHaddockの違いってなんなの?と思って

調べてみました

CODは、たら・・・Haddockは、こだら


まず・・CODについて

タラ(鱈、大口魚)は、タラ目・タラ科(Gadidae)に分類される魚の総称。おもに寒い地域の海に分布する底生の肉食魚で、重要な水産資源となる魚を多く含む。
日本では北日本沿岸にマダラ、スケトウダラ、コマイの3属3種が分布する。単に「タラ」と呼んだ場合はマダラを指すことが多い。北極海とその周辺を中心に12属25種が知られる。ただしラニケプス科(Ranicipitidae)の1属1種Raniceps raninus(Linnaeus, 1758)をタラ科に含めることもあり、この場合は13属26種となる。
温帯に分布するものや汽水域に入るものもいるが、ほとんどは寒帯や亜寒帯の海に分布する。背びれが3つ、尻びれが2つに分かれていて、これが他の魚と一線を画す特徴となっている。他には口が大きく、下あごにひげをもつ種類が多い。全長は数十cm、種類によっては1mを超える大型魚もいる。
他に同じタラ目の魚としてチゴダラ類やソコダラ類、メルルーサなどもいるが、タラ類とは外見が異なる。また、ギンダラはタラ類とよく似ているが、タラ目ではなくカサゴ目に属し、タラとは全く別の魚である。




Atlantic_cod.jpg


そして、Haddockは、コダラは北大西洋両岸に生息するタラ科の魚。ポピュラーな食用魚で、商業流通している


体長は1.1m以上。白い体に黒い側線が走るのが特徴であり、よく似たポラックという魚は逆に黒い体に白い側線である。また、胸鰭の上に黒い斑があり、"thumbprint"(拇印)、"Devil's thumbprint"(悪魔の拇印)または"St. Peter's mark"(聖ペトロの印)と呼ばれる。
一般的には水深40?133mでよくみられるが、300mの深さにもいる。水温は2?10℃が適温。稚魚は浅い水深を好み、成長するに従い深くなる。通常、成熟したコダラは稚魚のような長い移動はしないが、全年齢で季節性の移動を行う。餌は主に小さな無脊椎動物だが大きな個体は魚も食べる。


Melanogrammus_aeglefinus.jpg



うーん・・・

どっちも結局 タラ 。

外見も似てますよね



で、 なんで、 この三角地帯は


コダラに こだわっているんだろう?????


それのほうが、ミステリーだわ。☆ 




テーマ : ご当地ぐるめ
ジャンル : グルメ

任天堂 DS ワールドレコードブレイク! 動画イギリス



先日 子どもが参加した任天堂DSのイベントです


ほんの・・ちょっとだけ・・うちの子供も写っていました。(笑)


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

誕生日 飲茶を食べる。點心=点心=DIM SUM

今週は、子供の誕生日があったので、

食事に出かけたり、色々な場所に行きました。

我が家では、誕生日は、好きな食べ物を言って

外食をすることが多いです。

ちょっと有名なレストランとか・・・

予約して・・

ちょっとお洒落していくような場所を候補に

上げたのですが・・・なんと息子は

「スパニッシュレストランや ニューフレンチなんか食べたくないよ・・

あんまり興味なし・・」

ジャパニーズレストランも候補にあったのですが

「イギリスの田舎にある様な偽物のジャパニーズは食べたくない」

それで、何がいいのか聞くと。。


息子のリクエストは、「チャイニーズに行って、

帆立貝のチャーハンが食べたい!ディムサム(dim sum)が食べたい!」

との事・・・

チャイニーズでいいの?と思ったけれど

本人が希望しているので

そこへ行くことに・・・

やっぱり、10歳の子供は、こういう物のほうが

食べたくなるのでしょうね。

100_0425.jpg

そして、大好きなマンゴプリンを・・

100_0418.jpg


100_0417.jpg


イギリスのどこに行っても、チャイニーズとインディアンのレストランや

TAKE AWAYが、あります

どちらも植民地だった国の人々が、イギリスに渡って来たからです

イギリスにあるチャイニーズレストランの大半が、広東料理の

流れを組んでいるそうです。DIM・SUMもそうです。

飲茶って美味しいですよね。

色々な味を楽しめるし・・

800px-Dimsum-shanghai.jpg



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

The Karate Kid (ベスト キッド)

今日は、こどもと映画を見に行ってきました。

200p.jpg


空手キッドだけど、中身はカンフー(笑)

でも、マーシャルアーツに興味のない人には

なんでも、いいのでしょう。

ジャッキー・チェンとジョーダン スミス

中国ロケが、なかなか よかったのではないでしょうか

ロケでお金がかかってそうですね

万里の長城とか・・・

20100812-00000009-mvwalk-movi-view-000.jpg


この手のストリーのパターンは、決まってますが・・

恋のお相手は、中国人の女の子です

彼女を見ていると

いかにも西洋人が選んだ中国の少女と

いった顔立ちです。

笑顔が可愛かったです。

人間 ニコニコしていなくちゃなと思いました

彼女の顔は、笑ってないとちょっと怒っているように

みえるからかもしれませんね

私も含めて東洋人は、表情がやっぱり乏しく見えるかもね

そんな事考えて、おりました。

舞台が、中国なので(私は、中国に行ったことがない)

中国って、こんな感じなのかな?と思ってしまいました

よく、日本が関係した映画で

「日本ってこんなんじゃないよ」と

思うもの多いじゃないですか・・

この少年が通っている学校が「北京中学校」

という学校ですが

インターナショナルスクール?と思うくらい

外人がいました

少年が、虐めにあい自分の住んでた場所に帰りたいと

いうシーンがあります

これは、人事じゃないなと思ってしまいました

子どもが、外国に移住する時のストレスは

親が思っている以上なんだろうなと思いました

うちの子供も、「僕 この子の気持ちわかるよ」

とつぶやいていたのは、考えさせられました

特に、男の子は難しいですよね

表面に現れない力関係で社会がなりたっているから・・・

20100805233307_05_400.jpg








映画を観終わった後は、「アチョーッ!!」と蹴りを入れたくなるかもしれません


テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Egg Custads

冷蔵庫を覗いて、今日までの賞味期限だったエッグカスタードを

食べることにした。2日前に買ったのだけれどね。

エッグカスタードの賞味期限は、他のケーキ類より、もともと短い

子供のおやつの為に買ったのだけれど、4つもあるので

今日は、私も一緒に食べた。


100_0385.jpg

このエッグカスタード・・もともとは、ポルトガルのお菓子だったみたいだ

中国にも、よく似たお菓子があります。


タルト地のうえに、カスタードプリン(日本の)

にナツメグの粉が散りばめられている感じです。

もちろん、日本のカスタードプリンにあるカラメルシロップ

は入ってませんが・・



テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

ボーリングとスヌーカー

今日は、ボーリングとスヌーカーをしました

100_0340.jpg

重いボーリングの球もだんだんとうまく投げれるように

なりました。


100_0349.jpg

ボーリングのゲームを3回やって、次は、スヌーカー(ビリヤード)を
しました。

2階にあがると、そこは、薄暗く、まるで、映画のシーンの世界のようでした。


100_0361.jpg

子供の為に、一番 小さなテーブルを使ってしました。

100_0371.jpg


なかなか様になっているでしょう!?ハスラーになれるでしょうか?

100_0375.jpg


テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Cloudy with a Chance of Meatballs

今日は、隣りの村のお友達の誘いを受けて

ハリファクスの図書館で映画を上映するので

一緒に参加してきました。

映画のタイトルは、「Cloudy with a Chance of Meatballs 」

言います。


アニメでなくては、表現出来ない世界を楽しませてくれました。







映画の後は、マクドナルドでランチをしまして

その後は、シブデンパークへ・・・・

帰りは、アスダによって買い物をして帰ってきました






テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Ploughman's lunch

バローに行って

ランチを食べた

「Ploughman's lunch」である

パブに行ったので、メニューを見ると

脂っこいものが多いから

つい、これを頼んでしまった。

100_0147.jpg

私は、色々なお店で、よくこれを注文する

お店によって、お皿の上はかなり違うので

当然 当たり外れがあるのだけれど

さっぱりしていて、わたしの味覚とあう

プラウマンズ ランチって・・

どんなものかと申しますと

まずは、

● チーズ (チェダーかステイルトン)を厚めにスライスしたもの

● ピクルス 下の写真がイギリスのピクルス

  これを初めて見た時の事 わすれないなぁ・・・

Branston Pickle (UK)-402575



● ブレッド 

● バター

● サラダ

● オニオンのピクルス

● グリーンアップル

● セロリ

● パテ

● 固めのゆで卵

● ビールート


このようなものを、ひとつのお皿に盛りつけ

自分の好きな食べ方で頂くのです


いつからこれが、イギリスの夏の食べ物の風物詩

になったのか定かではありませんが

食べやすさもあってか、戦前からこんな名前で

呼ばれていたらしいです。


お店によって、盛り方や素材がだいぶ違います

やっぱり、良いレストランで食べると

本当に美味しいです

2134313704_8cf181fbc3.jpg

2633012554_3c2f303ab8.jpg

3348013472_73e1ac3c91.jpg

3658445174_3e1bf66d2d.jpg


よく、イギリスの食事はまずいとか言いますが

私は、そんな事はないと思うのですよね



まぁ観光に来て、一番最初に、これを食べる人は

すくないと思いますが、

夏に訪れたら、おすすめします



日本は、なんでもあると言いますが

ある友達が、イギリスから日本へ行って

「美味しいチーズを探すのは難しい。イギリスが恋しい」

と嘆いていたのを思いだしました


それは、本当にそう思います


ワインもチーズも、青りんごも、ピクルスも ポークパイも

やっぱり、ここでなくちゃ食べれません


テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

barrow in furness

イギリス 造船の町 バロー ・イン・ファーネスに行ってきた

グランマーが、その街の子供の医療専門機関で

働いている

bugmap.gif


100_0146.jpg





barrow-c2702.jpg



造船といっても、軍事に関わる潜水艦とかを作っている


だから、もし、戦争が起きれば、この街は一番に狙われる可能性が


高いという。


グランマーの姪っ子は、ここで、造船のプログラマーをしている

それも、女性でただ一人

すごい高度な技術が必要とする現場で

なん百人の部下を従えて、働いている

彼女は、高給取りで、とても大きな家に住んでいる

おまけに、恵まれない子供を2人養子に迎えて

育てている

すごく優しくて母性に満ち溢れている面もあるし、

家を一軒 自分で、建ててしまえるほど、建設技術を

持っている。

そして、頭が非常に良いのが話してわかる



article-1258678-08AA0C7E000005DC-103_634x286.jpg

本当に鉄の女なのだ。カッコいいね

こう言う女性はあまり日本にはいないと思う

不可能を可能にすることが出来るスーパーウーマンなのだ。



バロー ・イン・ファーネス造船所のニュース

   ↓

http://www.dailymail.co.uk/home/moslive/article-1258678/Defender-realm-Britains-1-2bn-submarine--typically-afford-.html

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。