スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスパーティ

イギリスのクリスマスを何回過ごしただろう・・・

湖水地方に行ってきました。

20091224c.jpg

クリスマスイブにみんなで集まり・・

サンタが来るように、お庭にニンジンを撒き・・

その横に この看板を立てます

20091224m.jpg


25日の朝 クリスマスツリーの下にあるプレゼントを

あけます。


そのあと・・・

クリスマスディナーの用意を始めます

ターキー(七面鳥)やビーフ のローストが主流です

20091225t.jpg

中に詰め物をします・・・

20091225v.jpg

シェリーを頂きながら、グランマと一緒に

食事を作りました。

20091225x.jpg

これは、ローストポテト・・
  ↓

20091225y.jpg



そして・・・・テレビで女王様のスピーチが

始まるころ・・





みんなでシャンパンで乾杯し

クリスマスのディナーが始まります

もう、すごいたくさん食べてしまい・・

おなかいっぱいなのに

クリスマスプディングやら、みんなが持ち寄った

ケーキーやアイスクリームなどを

食べます。

20091225z14.jpg

クリスマスプディングに

ブランデーソースが、すごくおいしかったです。

感動。。。。

スポンサーサイト

メリークリスマス!

今日は、クリスマス・イブです。

皆さん 素敵なクリスマスをお過ごしくださるように

お祈りしています。♪



クリスマスといえば・・・NORAD Tracks Santaを

思い出しました。

北アメリカ航空宇宙防衛司令部が、サンタクロースを追跡するのです

今年も・・始まりました。

これは、そのコマーシャルで、2008年の模様を

動画にしてあるみたいです。




ノーラッド・トラックス・サンタ とは・・・

ノーラッドはノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)として、毎年サンタクロースを追跡している。冷戦の真っ只中の1955年からコーナッド(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継ぎ、2004年で50周年を迎えている。
コロラドにある大手スーパーのシアーズ (Sears) が子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、間違えた電話番号を載せてしまったのが始まりである。その番号は当時のCONADの司令長官へのホットラインだった。子供からの電話に司令官ハリー・シャウプ大佐(1917年9月29日 – 2009年3月14日)が「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」と回答して以来の恒例行事になったと言われる。
1998年より、毎年クリスマス時期に、サンタクロースの出発を「偵察衛星で確認」、その飛行を「レーダーで追跡」し、戦闘機をカナダのユーコンからメキシコのメキシコ・シティーまで飛ばして「サンタを追跡」する。公式サイトでは、クリスマスイブの夜中から追跡の模様を中継している。また、2006年の日本地域の中継により、新幹線や富士山と比較し速度検証した結果、サンタクロースの速度は新幹線の100倍と言及している。
現在は、グーグルアース上で現在位置追跡をストリーミング表示も行っている。シーズン以外は休暇中のサンタの画像が出ている。


さて、そのHPはこちらです

皆さんも追跡してみては・・?

オフィシャルのページです。

    ↓

http://www.noradsanta.org/en/index.html

ケセランパサラン

今日 お部屋を片付けていたら

ケセランパサランを発見!!

というか・・・これって何?

いろんな説があるんだろうけれど

たぶん植物の何か・・だと思う

小学校の時 友達が学校に持ってきて

おしろいをいれるとか・・なんとか言ってましたが

日本でも見たことがあります

でもね、その時は夏でした

今は真冬 寒いし、雪も積もっているのに

ケセランパサランは、我が家へ・・

20091223a.jpg

もう少し、形がきれいだったのですが

うちの子どもが、

「貸してェ?!」ブギュ・・・とつぶしてしまった。

かわいそうなケセラン パサラン。。。


ケセランパサランについては・・

    ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%B3



どうか・・このケセランパサランが、幸福を運んでくれますように・・

冬休みに入った

昨日 補習校の2学期終業式があって

冬休みにはいりました。

外は、雪。降ったり、止んだりが続いてます。



20091220y.jpg


昨日 補習校の帰り

リーズに寄り

日本食を買う為に

チャイニーズスーパーマーケットに

行きました

そこで、ラムネを欲しいと子供が言ったので

購入。2つのラムネです

ひとつは、昔懐かしい清涼飲料のラムネ

そしてもうひとつは、森永のラムネ菓子です。

20091220z.jpg

うちの子供は、ラムネが大好きです。

さて、このラムネ・・・

「レモネード」がなまって、?ラムネになったのはご存知でしょうか

「レモネード ラムネード ラムネ・・・」


日本では、懐かしい味ですし、日本でしか見かけないので

日本オリジナルだと思いがちですが

実は、大昔 イギリスで作られ、日本に渡ったものなのです

トリビアでしょ・・へー・・・

397px-Hiram1.jpg


ハイラム・コッド氏 Hiram Codd (10 January 1838 ? 18 February 1887)というイギリス人のエンジニアが

このラムネ瓶の生みの親なのです。このビンを、彼の名前をとって

「The Codd-neck bottle」と呼ぶそうです。

その時の設計書がここで見れます。

    ↓
http://www.bottlebooks.com/Codd/an_act_of_codd.htm


なかにレモネードをいれたこの飲み物は

イギリスからヨーロッパ、アメリカへ伝わり・・・

あのペリーが浦賀に来航したとき(1853年・嘉永6年)に、

艦上で交渉に当たった幕府の役人にラムネが振る舞われた時といわれています。

このペリー来航の際には、ラムネの栓を開けたときのポン!と

いう音を銃声と勘違いした江戸幕府の役人たちが、

いっせいに刀の柄に手を掛けたという、

いかにも開国を象徴するようなエピソードも伝えられています。

ちなみに日本では、1865年(慶応元年)長崎の藤瀬半兵衛という人物が

「レモン水」の名で売り出したと伝えられています。しかし「レモン水」

という名は広まらず、その後に“レモネード”がなまった『ラムネ』の呼び名が一般化しました。


これが、オリジナルのラムネボトル・・

hc1.jpg


イギリスでは、あまり見かけることのなくなったボトルですが

日本では、知らない人がいないくらい

おなじみのボトル・・・

不思議な気持ちになります。

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

雪が降り始めた

今日 お天気予報の通り

雪が降り始めた

午後4時ごろから・・

「雪かぁ・・・きれいだけれど・・困るな」

と思った。

だって、明日で学校は終わり、

来週から、冬休みに入るから

色々とクリスマス行事があって

出かけることも多くなる

特別な集まりも多いし・・

雪はきれいだけれど

道路が凍ったり、

電車が止まったり(←うちの近所の路線は

大雨が降っても止まるし・・・

朝 学校に行く時も

子供が転ばないか心配したり

天気予報だと

来週くらいまで

雪が降る可能性があるといっている

20091217a.jpg


クリスマスに雪がふると「ホワイトクリスマス」になって

ロマンチックで素敵だという人がいるけれど

そのあと帰郷しないといけないドライバーは

大変です。

日本でも日本海側で大雪が降っているそうだ

みんな 気をつけて楽しいクリスマスを送ってほしいものです。



オールドタウン

今日は、ヘブデンブリッジのオールドタウンにある

お友達の家に行きました。

初めてお招きいただいて

たくさん御馳走になって・・

みんなでたくさんお話をし

楽しいひと時を過ごしました

お友達のご主人さまが作ってくださった

特製スープが美味しかったです

その場にいらっしゃらなかったけれど

ありがとうございました。




皆さん・・・

ありがとうございました。

3608227042_50cce29f67.jpg


1350880344_d8245a4cf5.jpg


お家の窓から見える景色は絶景でした

素晴らしい・・噂には伺ってましたが・・・

お友達のお家のすぐ近くにあるパブです

宿泊もできるそうです。

  The Hare and Hounds
      ↓

http://home.btconnect.com/hareandhounds/main.php?pg=gallery


イギリスの田舎のホテルでじっくりと

過ごすのもよいかも知れませんね。


クリスマス劇 

今日は、子供の学校で、クリスマスの学芸会が

ありまして、見に行ってきました。

毎年 行くたびに、日本の小学校とは

だいぶ違うなと思います。

どちらが、良いか分かりませんが

この違いが、大人になってのそれぞれの国民性を

作っている気もします。

まず、感じるのは、感性の違い・・・・

日本の小学校で、この雰囲気はまず作れないでしょう

20091215j.jpg


衣装もばらばら・・だけれど良い雰囲気をか持ち出して

います。

子供達も練習したけれど、良い意味でばらばら・・

先生も最初っから「統一」しようとは、思ってないようです

先生が「きちんと」を要求しないかわり

子どもたちは、各自の個性がちゃんと出てて

のびのび 演技しています。

20091215b.jpg


和を尊む日本は、みんな一緒に、力合わせて

先生の指示に従って、同じように演じることを

要求される気がします

先生の選んだ物語を、先生が選んだキャストで

先生のデザインした大道具で

先生の指示したとおり

保護者に良い印象を与えるような

そんな「学芸発表会」をする・・気がしませんか?

うちの子供の学校では、男の子が女役をしたり

ロックな音楽をみんなで合唱したり

セリフも大人びて、皮肉も入ってたりもします

イギリスに学ぶことは多いです

でもね・・・

イギリスをこういう風に見れるのも

日本の文化で私が育ったから

比較できるんですよね


子供の育つ環境は、とても大事です

そういう風に今日改めて思いました

大人が、どういう風に接するかで

子供は、大きく変わるのです。


1万回 アクセス ・・

とてもまったりと書いているブログですが

知らないうちに、ブログのカウンターが

もうすぐ、1万回になります。

初めてカウンターをつけた時は、

はやく100回にならないかな・・と思ったのに

しばらく書くのをさぼってていても

誰かが、どこかで、私のブログを見てくれたのだと

思うと嬉しいです

アクセスしてくださった皆さん

ありがとうございます。

これからも、よろしく!!

隣村のマーケット

トッドモーデン(隣村)で、お友達が

日本の食器をマーケットに出すとお知らせ頂いて

行ってきました。

夕方6時から9時まで出店ということで

車を飛ばして・・

見に行きました。

こんな時間にマーケットが開いている事は

びっくりでしたが・・

ライトに照らされて、逆に昼間より目立っていいかも知れません



20091209d.jpg

私も、プレゼント用にお皿を買いました。


何人か他の日本人のお友達も来ていました

みんな子供連れで・・・楽しそうでした。

20091209p.jpg


トッドモーデンで、サンタが・・・

20091209n.jpg


でもさ・・なんか・・とってもワーキングクラスなサンタさんで・・

まるで、イギリスコメディードラマ、「The Royle Family」

のJIMみたいだ。


45139.jpg


royal.jpg


この「The Royle Family」何度か見ましたが、結構面白いです。


そして、マーケット内の肉屋さん・・・

私が、苦手な・・・

これ・・こういうの・・だめなんです

20091209o.jpg

ついでに、撮ってしまいました。・・

こういうお肉屋さんで買う勇気がない・・・・・・・・

私には、グロい世界なのであります。ピーターラビットが・・怖いよ・・


テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

チェルシー

子供の成長は早いもので

9歳くらいになると

玩具を欲しがらなくなりました

その代り、欲しいものが変わり

実用的になります

もうすぐ、クリスマスなので

何が欲しいか訪ねてみても

あまり答えが返ってきません

息子は、今 フットボールに夢中です

だから、フットボールシューズとか

大好きなチェルシーのグッズだとか・・・

そんなものは、いつでも買えるわけで・・・

もっと夢がないのかな?

最近 日曜日になると、よくパブへ行きます

フットボールの中継を見る為です

先日もチェルシーVSアーソナルの試合を

見に行ってきました

最初は、非常につまらなかったのですが

何度も子供に付き合って、フットボールを見ているうちに

チェルシーの選手の事もわかってきて

最近は心の中で、真剣に応援している自分に

気づき、おかしくなってしまいました

それと、若いころならば、好きな選手=かっこいい人(ルックス重視)

とかに女性はなりがちですが(実際・・私はスポーツ選手には

興味を持ったことがないけれど)

今は、年をとったのか、そういう風に思えません

なんだか純粋にチームを応援していて

楽しいのです

この前の8月初旬 息子の誕生日だったので

チェルシーの試合を見にロンドンへ行きました

チェルシーのホームグラウンドを見学して

ショップで買い物をしたり、楽しんだのです

来年はワールドカップが、サウスアフリカで

ありますが・・・それも楽しみにしてます

20090809london14.jpg

20090809london24.jpg

20090809london23.jpg

チェルシーの応援歌がたくさんあって

子供が鼻歌でよく歌ってますが

私も好きな曲があります。

今日は、それをUPします





最近は、真面目にロンドンに引っ越したいな

と思う事もあります

ロンドンのフルハムあたりに住んで

チェルシーを応援するのも素敵かも・・?


プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。