スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に帰って得たもの・・・

日本に里帰りして・・うちの子供は色々な思い出を作って帰ってきた
そして、たくさんの事を学んで来たと思う

最近、子供が口ずさんでいる音楽がある。

なんとそれは・・・「ああ人生に涙あり」という曲だ。

このタイトルだとわからない人もいるかも知れない。でも「水戸黄門の主題歌」と
いえば、わかると思う・・・

日本で、おじいちゃんと一緒に見ていた水戸黄門・・・・

「ひかえ?ひかえ?!ここにおわす方をどなたと心得る?!この紋所が目に入らぬか!
さきの副将軍・・水戸光圀公であるぞ・・・ひかえ・・・」

なんて・・やっている。それもイギリスの田舎で・・・

「俺・・結構 好きだなぁ 水戸黄門?

そういいながら、刀を振り回している・・・

私も、子供の時、わたしのお爺さんと水戸黄門を良く見たなぁと懐かしくなった。

日本で放送されている黄門様は・・・里見浩太朗さんが演じている

私の時代の黄門様は・・東野英治郎さんだった。その時の助さんか格さんが、里見浩太朗さん
だったのを覚えている。

ううお

私は、やっぱり東野英治朗さんがいいなぁ・・やさしいおじいちゃんって感じで・・

33.jpg

しかしながら・・由美かおるさんって・・いつまで娘役をするのだろか?
彼女は今年58歳らしい・・・怖いなぁ・・
良い意味でも、悪い意味でも・・昔から人間離れしていた気がする。
不思議な人です。




♪人生楽ありゃ苦もあるさ
涙の後には虹も出る
歩いてゆくんだ
しっかりと
自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
あとから来たのに
追い越され
泣くのがいやならさあ歩け♪ 


スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

よくわからないこと・・・イギリス人の考え方

イギリスに住んでいてもよく理解できないことがある

それは、考え方・・・

あるイギリス人の友達がいる

その友達Aは子供がふたりいて、1年前に旦那さんと別れた

その時は、もう修復不可能で、別居することになった

そのうちにその旦那さんは新しい彼女を作り、私の友人はショックで泣いた

その時 Aは私に何度か電話をしてきて、どんなに辛いかを話してくれた

うちの村は人口5千人 非常に狭い世界である

だから、みんな知り合いにたいな所があって、Aの旦那さんの新彼女も

以前はAの友達だったという・・・・

なんだか・・・イギリスの有名なドラマ イーストエンダースを演じているかのように・・・

そう・・・この狭い世界でくっついたり、離れたりしているのである・・・・

よくよく彼女に話を聞いてみると、ヘブデンの村の複雑な関係が耳に入ってくる

外人の私が知らないだけで、うわさは色々とあるらしい。






そして、夏休みがきて、私は彼女が心配だった

彼女には家族がいないのだ。両親の他界して頼れる兄弟もいない

子供を抱え、夏やすみをすごすのは、大変だろうなぁと思った

私は、日本に帰るので・・しばらく会えないなぁと思っていた。

でも、帰ってきて、Aに電話をしたら・・・元気だったので安心した

すると・・・

「私・・・・ボーイフレンドが出来たの・・・

と喜んでいた・・・・

Aの子供はうちの息子と同じ学校の同じ学年だ

そして・・その相手を聞いてびっくりした

同じクラスのほかの男の子の父親だという・・・・

その父親は離婚していて、子供が4人いる。そしてクラスの同級生は
2回目の結婚(すでに離婚済み)のときの子供だという

もう・・・どうなっているんだ・・・

やっぱり・・これって変じゃないか・・・

でも、多分 イギリスでは普通のことらしい・・・

おととい、Aと別のママ友と会って3人で、公園で話した

Aは、堂々と今までの経緯を説明して、別のママ友に話した

そのママ友もびっくりせずに話を聞いている



私は・・・・ただ・・・黙っていた
大人はいいよ・・・勝手に生きているんだから・・・でも・・・・・
子供がかわいそうだと思わないのかなぁ

子供は、親が代わっていくたびに何を思っているんだろう・・・

私は、Aはよい人だと思っているので、彼女を否定する気持ちはない

私が、いつも気になるのは、幼い子供たちなのである・・・・



本当に不思議・・・・・よくわからない世界である。



あなたの知らない世界という心霊番組が昔あったが・・・・・・

私の知らない世界はすぐ身近にあったのだった。


ジョン レノンのマザーという曲をUPします。



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

100円ショップと1パウンドショップ

日本に帰って、イギリスに何か持って帰るものはないかとショッピングしました。

今まで、見くびっていたかもしれないのが100円ショップで、俗にいう「ヒャクキン」です。

物を買うときに、常に日本円とポンドで加算する癖がついている私は、

100円=50ペンスだよなぁと思いました

A5C9A5E9A5C3A5AFA5A4A5ECA5D6A5F3C5B9C6E2.jpg


今まで、百円ショップで買い物するものは、決まっていました。

こどもの「落書きちょう」などの文具類・・ファイルなどは安くても悪くないと思ってました

そのほかの品物は、勝手な思い込みで、すぐ壊れそうとか、食品などは本当に大丈夫なのか

と半信半疑だったわけで、おのずと買わないでいたのですが

今回は、50ペンスならいいか・・と思っていくつか買ってみました。

お皿を戸棚の余った空間に収納できる区切りとか・・ピザのスライスをするナイフとか

とりあえず、駄目ならそれでいいやぁ・・・なんて思って購入しました

でも・・・・全部、ちゃんと機能できて・・びっくり・・・「悪くないじゃん!」これが

わたしの感想です。

イギリスにもパウンドショップがあります。1ポンドで売るのですが・・

たいていの店は、並べ方も悪く、いかにも1ポンドのものなのです

なんだろう・・・もうすこし綺麗に並べる工夫とかすれば、よいのに

1ポンドショップをのぞくと、なぜか悲しさの空気が漂っている気がしてならないのです

1ポンドショップは、どちらかというと労働者階級の町に多いし、最近は、
潰れている店が多い気もします。

1217916532_6a97c1de94.jpg


お店は、入って気持ちよい雰囲気をある程度作らなければ、いけないと思います

さて・・・先日、ハリファクスの街へ行きました

金曜日なので、夕方5時ごろからローラーブレーディングへ息子を連れていったのです

早くついてしまったので、ハリファクスの街をぶらぶらしました

パウンドショップがあって、ただ、入って見てみました

なんだか・・いかにも・・・売れ残りの処分品が山済みされて半額以下で

売られているかんじでした

欲しいものなどないなぁ・・・これが店に入った時の印象でしたけれど

時間をつぶすために、ぐるっと一回りしました

すると、バービー人形のような箱が、積み上げられていて、ちょっと中身をみてみました

びっくり・・・それは、あの日本の歌手「パフィーPUFFY」のふたりの人形だったのです。

アミちゃん人形とユミちゃん人形が、それぞれ箱に入って売られていました。

着替えの洋服や、小物まで入っていて・・おまけにボタンを押すと日本語と英語を話します

p3-Puffy.jpg

思わず・・「おォ・・・・」と思いましたが、4ポンドで売られた彼女たちの人形をちょっと寂しい
気持ちになりました

多分、アメリカで多少人気あっても、イギリスじゃ・・わけのわからないキャラクターで
売れ残ってしまったのだと思います

何度か、ボタンを押して、日本語で話す人形を片手に、不思議な気持ちになりました・・・。






テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

肌寒い・・・

新学年が始まった。

うちの子供も日本に帰っていたので、1週間遅れて、学校へ行った。

夏休みの間、会わなかった息子の同級生たちが、久しぶりの笑顔で迎えてくれた

みんな、ちょっと大きくなったかなぁ?

学校の送り迎えで会う、同級生のママ友と何人か話した

「日本に帰っていたんだって?」と聞かれ・・・

私も、又・・・「イギリスの夏はどうだった?」と聞き返す・・

「wet! wet! wet!・・・・・」(ウエット=雨だったという意味)

みんなが同じ事をいう・・・・雨が多かったヘブデンの夏・・・・

テッドのママは、「日本は暑かったんでしょう・・私たちもついてゆけばよかったわ・・」
と笑った。

イギリス人が、太陽を恋しがり、スペインへ移住する気持ちもわかる

そんな、イギリス人ママたちに・・

「でもね、日本は暑すぎて外へ出るのも大変なのよ・・」

というと・・・

「雨よりはマシよ・・・暑すぎるくらいが丁度よいと思うわ・・・・」

と言い返すのである・・

隣の芝生はよく見えるものなのだ・・・

両方の国を知っている私としては・・・雨ばっかりも困るし、暑すぎるのも困る・・・

常夏の国があるのならば・・・常春の国がどっかにあるのだろう・・か・・

あれば、その国がベストだろうなぁ


今日は、9月12日 日本は、まだ暖かいですか?
こちら・・イギリス北部は・・・はっきり言って肌寒いです。

ヘブデンは秋・・・・

皆さん お久しぶりでございます。

実は6週間 日本へ帰ってきました。ですので・・・ブログの更新はあまり出来ませんでした

日本は確かに暑かったです。と・・言っても6週間 ずっ???と実家にいて、ひとりのお友達にも

会わず、今回は・・家族との時間を満喫してきました。

したがって・・・・電車に乗ったのも私の祖母(91歳)に会いにいっただけでした。

日本へ帰ったというより実家へ帰ったといったほうが良いかもしれません

久しぶりに半袖のTシャツを着たほど(へぶでんでは着なかった)、日本の夏は暑く・・・

へぶでんとの違いを感じました。

大きなデパートへ行かなくても、近所のスーパーでさえも日本の物の多さに圧倒されておりました

成田から東京へ行く途中の風景もビルの密集が続く風景に・・「やっぱりヘブデンとは違うなぁ」

と思いながらどこに住むのが幸せなんだろうと思ってしまいました。

今日 久々にヘブデン唯一のスーパーに行きました。

あああ・・・・・何も変わってない・・・

イギリス人達よ・・あなたは、私が日本にいる6週間の間、同じような食事を毎日
毎日 していたのね・・・

日本のスーパーとは違います。1年中同じもの 売ってる気がしました。

日本だと「旬の味覚!」とかあるじゃないですか・・・・


そして、広告をどかんと掲げて、お客様を呼び込むじゃないですか・・


「イギリス人はもっと食の冒険をしたら・・いいのに・・・・」これは、日本の母が言っていた言葉です

鯵の開きを食べながら、私が「これはヘブデンでは食べれないものだ?」とつぶやいたからでした


IMG_1808.jpg


IMG_1809.jpg

実家の近所の大型スーパーの中に入っているレストラン
日本じゃ珍しくない風景だが・・・イギリスではありえない光景である







テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

プロフィール

地球人

Author:地球人
。心の雑記帳みたいなブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

翻訳 Translation
エキサイトの翻訳サービスを使ってあなたのサイトを英語・中国語・韓国語に翻訳します。
日本語
English
中文版
한국어
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。